ヒトでなし 金剛界の章

ヒトデナシ コンゴウカイノショウ
  • 電子のみ
ヒトでなし 金剛界の章
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

俺は、ヒトでなしなんだそうだ。
娘を亡くし、職も失い、妻にも捨てられた。家も財産もなくし、無一文になった男のもとへ一人また一人と破綻者たちが吸い寄せられる。借金まみれの旧友、自殺を図る女、殺人犯──。求めているものは、赦しなのか?施しなのか?救いなのか?それとも―。
「人が人を救うなんて、とんだ傲りだ。救ってくれるのは人じゃあない。だから神だの仏だのが要るのじゃないか。仏に救われようと思ったら仏の道をてめえで歩くしかねえのさ」
心の澱が取り払われる説法エンタテインメント!

©Natsuhiko Kyogoku

製品情報

製品名 ヒトでなし 金剛界の章
著者名 著:京極 夏彦

著者紹介

オンライン書店で見る