神の時空 伏見稲荷の轟雷

講談社文庫
カミノトキフシミイナリノゴウライ
  • 電子あり
神の時空 伏見稲荷の轟雷
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

京都・伏見稲荷大社の境内、千本鳥居に吊された四体の遺体が発見された。伏見稲荷の氏子で狐憑きの家筋である樒祈美子は稲荷山の気の乱れを感じ山を巡拝するが、相次ぐ落雷で鳥居が次々に倒れていく。高村皇らの策動を読み取った辻曲彩音たちも稲荷山を目指すが、現れた白狐に行く手を阻まれてしまう。「お稲荷さん」と親しまれ、日本中で進行される稲荷神に秘められた、恐るべき真の姿とは!?

製品情報

製品名 神の時空 伏見稲荷の轟雷
著者名 著:高田 崇史
発売日 2019年03月15日
価格 定価 : 本体680円(税別)
ISBN 978-4-06-514763-4
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 この作品は、2016年3月に、講談社ノベルスとして刊行されたものです。

著者紹介

著:高田 崇史(タカダ タカフミ)

東京都生まれ。明治薬科大学卒業。『QED 百人一首の呪』で第9回メフィスト賞を受賞し、デビュー。講談社ノベルス最長の人気シリーズQEDシリーズをはじめ、著作多数。

オンライン書店で見る