長門守の陰謀

講談社文庫
ナガトノカミノインボウ
  • 電子あり
長門守の陰謀
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

長門守・酒井忠重が、藩主の世子を廃し、自分の子を後継に据えようとした「長門守事件」を題材とした表題作。小藩の武士の世界をその妻の視点からユーモラスに描いた「夢ぞ見し」。街場に暮らす庶民を丁寧な筆致で描いた「春の雪」「夕べの光」「遠い少女」。初期の藤沢作品を堪能できる5つの短篇集。

製品情報

製品名 長門守の陰謀
著者名 著:藤沢 周平
発売日 2019年02月15日
価格 定価 : 本体620円(税別)
ISBN 978-4-06-514697-2
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1978年1月 立風書房/1983年9月 文春文庫/2009年7月 文春文庫(新装版)

オンライン書店で見る