高濱虚子 並に周囲の作者達

講談社文芸文庫
タカハマキョシナラビニシュウイノサクシャタチ
  • 電子あり
高濱虚子 並に周囲の作者達
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

文学青年でありながら、家庭の事情でやむを得ず東大医学部へ入学した秋櫻子。在学中に出会った高濱虚子の文章に感銘を受け、自らも作句を始めた秋櫻子は、虚子に師事し、「ホトトギス」の中心的同人になりながらも、やがて虚子の客観写生を旨とした「花鳥諷詠」俳句に反発を感じていく。虚子との出会いと決別までを、松根東洋城、原石鼎、山口誓子、高野素十らとの交流や実作への批評とともに描く、歴史的名著。

目次

  • 渋柿社
  • ホトトギス雑詠
  • 震災前後
  • 客観写生
  • 俳句の調べ
  • 虚子庵忘年会
  • 友情
  • 花鳥諷詠
  • 句集「葛飾」
  • 別離

製品情報

製品名 高濱虚子 並に周囲の作者達
著者名 著:水原 秋櫻子
発売日 2019年02月09日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-514324-7
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は、『高濱虚子 並に周圍の作者達』(1952年12月、文藝春秋新社刊)、『定本 高濱虚子 並に周囲の作者達』(1990年2月、永田書房刊)を底本としました。また、適宜、『水原秋櫻子全集 第十九巻』(1978年1月、講談社刊)を参照しました。

著者紹介

著:水原 秋櫻子(ミズハラ シュウオウシ)

水原秋櫻子(みずはら・しゅうおうし)1892年、東京生まれ。俳人、医学博士。東京帝国大学医学部卒業。松根東洋城、のち高濱虚子に師事。「ホトトギス」同人として、山口誓子、高野素十、阿波野青畝とともに「四S」と呼ばれ活躍。のち、俳句誌「馬酔木」を主宰。新興俳句運動を推進し、石田波郷、加藤楸邨らを育てた。医師として昭和医専(現・昭和大学)の教授を務める。81年没。

おすすめの本

オンライン書店で見る