χの悲劇 The Tragedy of χ

講談社文庫
カイノヒゲキザトラジェディオブカイ
  • 電子あり
χの悲劇 The Tragedy of χ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

トラムに乗り合わせた“探偵”と殺人者。Gシリーズ転換点となる決定的一作。後期三部作、開幕!!

香港のトラムで起きた密室殺人と、果てしなく広がるバーチャル空間での光速の追跡劇。
天才を追い、天才に追い詰められる。
「そう。ここが私の世界だ」

香港で仕事をする島田文子のもとに男が現れた。島田が真賀田研究所にいた頃に起きた飛行機事故について質問があるという。その日、走るトラムの中で殺人が起き、死者の手に「χ」の文字が遺される。乗客として警察の捜査に応じた島田だったが、そこである交換条件を持ちかけられ……。Gシリーズ後期三部作開幕!

製品情報

製品名 χの悲劇 The Tragedy of χ
著者名 著:森 博嗣
発売日 2019年05月15日
価格 定価 : 本体700円(税別)
ISBN 978-4-06-514253-0
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は、2016年5月、講談社ノベルスとして刊行されました。

著者紹介

著:森 博嗣(モリ ヒロシ)

作家。工学博士。1957年12月生まれ。名古屋大学工学部助教授として勤務するかたわら、1996年に『すべてがFになる』(講談社)で第1回メフィスト賞を受賞しデビュー。以後、続々と作品を発表し、人気を博している。小説に『スカイ・クロラ』シリーズ、『ヴォイド・シェイパ』シリーズ(ともに中央公論新社)、『相田家のグッドバイ』(幻冬舎)、『喜嶋先生の静かな世界』(講談社)など、小説のほかに『自由をつくる、自在に生きる』(集英社新書)、『孤独の価値』(幻冬舎新書)など多数の著作がある。2010年には、Amazon.co.jpの10周年記念で殿堂入り著者に選ばれた。ホームページは、「森博嗣の浮遊工作室」。

オンライン書店で見る