風の王国

カゼノオウコク
  • 電子のみ
風の王国
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

フリーライターの速見卓は、出版社の依頼で奈良の二上山を訪ねる。尾根道で速見は、翔ぶように速く歩く女性を見かける。さらに、仁徳稜の広場で法被を着た「へんろう会」の人々の中に彼女を見出し、強い興味を抱く。へんろう会は山の民の末裔たちの集まりで、翔ぶ女はその流れをくむ天武仁神講の講主・葛城天狼の娘の哀だとわかる。そして、それらの民を国家に組み込もうとした、明治維新後の日本政府の暗部が浮かび上がる……。

©Hiroyuki Itsuki

製品情報

製品名 風の王国
著者名 著:五木 寛之

オンライン書店で見る