どうぶつのかぞく パンダ ぼくのなまえはユウユウ

ドウブツノカゾクパンダボクノナマエハユウユウ
作:小手鞠 るい 絵:サトウ ユカ 監・その他:今泉 忠明
  • 電子あり
どうぶつのかぞく パンダ ぼくのなまえはユウユウ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

野生パンダの親子の愛と子パンダの独り立ちを描く優しい絵童話。

さやさやと、竹の葉っぱが鳴っている。
おかあさんといっしょに、朝ごはんを食べる。
すずしい竹林のなかで。
おかあさんは、ふとい竹の幹をりょうほうの手に持って、シャーッ、シャーッと、かわをはぐようにして食べる。
ぼくもおかあさんのまねをして、食べてみる。
おかあさんのひざの上で。─本文より。

子どもたちに人気の動物の家族をテーマにした童話シリーズ「どうぶつのかぞく」。
動物たちのユニークな子育てや家族が力を合わせてが生き抜く様子を題材に8人の豪華執筆陣が描き下ろし、動物学の第一人者である今泉忠明先生がお話とコラムを監修。
小学低学年から中学年向けの創作童話です。
2018年12月から3ヶ月連続で刊行致します。

●シリーズ「どうぶつのかぞく」の特色
・各児童文学賞受賞作家やベストセラー作家など、現代を代表する一流童話作家の書き下ろし。
・動物学の第一人者、今泉忠明先生によるお話とコラムの監修。
・「物語の楽しさ」を第一に書かれた作品は、どの一冊をとっても、すぐれた童話作品として楽しむことができます。また、シリーズを通して読むことで、さまざまな動物の生態を知ることはもちろん、親子の愛情や自然界で生きる厳しさ、命の尊さを学べます。
・ほぼすべての見開きに、実力ある画家によるイラストが入っていて、低学年から、ひとりで読めます。
・巻末に収録したコラムページで、どうぶつへの理解がさらに深まります。
・A5判、80ページ(一部カラー)。朝読にもぴったりのボリュームです。
ラインアップ予定

12月 パンダのおはなし(小手鞠るい)       ペンギンのおはなし(吉野万理子)
1月  カンガルーのおはなし(佐川芳枝)      アフリカ象のおはなし(如月かずさ)        ライオンのおはなし(村上しい子)  
2月  ホッキョクグマのおはなし(小林深雪)        チーターのおはなし(佐藤まどか)
   キリンのおはなし(茂市久美子)




製品情報

製品名 どうぶつのかぞく パンダ ぼくのなまえはユウユウ
著者名 作:小手鞠 るい 絵:サトウ ユカ 監・その他:今泉 忠明
発売日 2018年12月06日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-513879-3
判型 A5
ページ数 80ページ

著者紹介

作:小手鞠 るい(コデマリ ルイ)

小手鞠るい/小説家、詩人、児童文学作家。
岡山県生れ。同志社大学法学部卒業。1981年「詩とメルヘン」賞、1993年「海燕」新人文学賞、2005年『欲しいのは、あなただけ』で島清恋愛文学賞、2009年絵本『ルウとリンデン 旅とおるすばん』(絵/北見葉胡)でボローニャ国際児童図書賞を受賞。2012年『心の森』が第五十八回全国青少年読書感想文コンクール小学校高学年課題図書に、『きょうから飛べるよ』(岩崎書店)が平成27年長野県課題図書に、『やくそくだよ、ミュウ』(岩崎書店)が第48回岩手県課題図書に『きつね音楽室のゆうれい』が二八年度埼玉県課題図書に選ばれる。その他『ねこの町のリリアのパン』『うさぎのマリーのフルーツパーラー』『お菓子の本の旅』『美しい心臓』『アップルソング』『優しいライオン やなせたかし先生からの贈り物』『炎の来歴』など著書多数。

絵:サトウ ユカ(サトウ ユカ)

東京デザイナー学院グラフィックデザイン科イラストレーション専攻卒。さし絵の作品に
『ランプの精 リトル・ジーニー』(ポプラ社)シリーズ、
『マグネットドールハウス』(ポプラ社)
『強くてゴメンね』(あかね書房)『こちらどうぶつのお医者さん」(ほるぷ出版)シリーズ、『目指せ!動物のお医者さん』(講談社)など多数。


オンライン書店で見る