八月は冷たい城

講談社タイガ
ハチガツハツメタイシロ
  • 電子あり
八月は冷たい城
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

夏流城(かなしろ)での林間学校に初めて参加する光彦(てるひこ)。毎年子どもたちが城に行かされる理由を知ってはいたが、「大人は真実を隠しているのではないか」という疑惑を拭えずにいた。ともに城を訪れたのは、二年ぶりに再会した幼馴染みの卓也(たくや)、大柄でおっとりと話す耕介(こうすけ)、唯一、かつて城を訪れたことがある勝ち気な幸正(ゆきまさ)だ。到着した彼らを迎えたのは、カウンターに並んだ、首から折られた四つのひまわりの花だった。少年たちの人数と同じ数――不穏な空気が漂うなか、三回鐘が鳴るのを聞きお地蔵様のもとへ向かった光彦は、茂みの奥に鎌を持って立つ誰かの影を目撃する。閉ざされた城で、互いに疑心暗鬼をつのらせる卑劣な事件が続き……? 彼らは夏の城から無事に帰還できるのか。短くせつない「夏」が終わる。

製品情報

製品名 八月は冷たい城
著者名 著:恩田 陸
発売日 2018年10月24日
価格 定価 : 本体600円(税別)
ISBN 978-4-06-513022-3
判型 A6
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社タイガ
初出 本書は2016年12月に小社より「ミステリーランド」シリーズの単行本として刊行されました。

著者紹介

著:恩田 陸(オンダ リク)

宮城県生れ。早稲田大学卒。

1992(平成4)年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となった『六番目の小夜子』でデビュー。2005年『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞を、2006年『ユージニア』で日本推理作家協会賞を、2007年『中庭の出来事』で山本周五郎賞をそれぞれ受賞した。2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木賞と第14回本屋大賞を受賞。

関連シリーズ

オンライン書店で見る