七月に流れる花

講談社タイガ
シチガツニナガレルハナ
  • 電子あり
七月に流れる花
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

坂道と石段と石垣が多い町、夏流に転校してきたミチル。六月という半端な時期の転校生なので、友達もできないまま夏休みを過ごす羽目になりそうだ。終業式の日、彼女は大きな鏡の中に、緑色をした不気味な「みどりおとこ」の影を見つける。思わず逃げ出したミチルだが、手元には、呼ばれた子どもは必ず行かなければならない、夏の城―夏流城での林間学校への招待状が残されていた。ミチルは五人の少女とともに、濃い緑色のツタで覆われた古城で共同生活を開始する。城には三つの不思議なルールがあった。鐘が一度鳴ったら、食堂に集合すること。三度鳴ったら、お地蔵様にお参りすること。水路に花が流れたら色と数を報告すること。少女はなぜ城に招かれたのか。長く奇妙な「夏」が始まる。

製品情報

製品名 七月に流れる花
著者名 著:恩田 陸
発売日 2018年09月20日
価格 定価 : 本体570円(税別)
ISBN 978-4-06-513021-6
判型 A6
ページ数 176ページ
シリーズ 講談社タイガ
初出 本書は2016年12月に小社より「ミステリーランド」シリーズの単行本として刊行されました。

著者紹介

著:恩田 陸(オンダ リク)

宮城県生れ。早稲田大学卒。

1992(平成4)年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となった『六番目の小夜子』でデビュー。2005年『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞を、2006年『ユージニア』で日本推理作家協会賞を、2007年『中庭の出来事』で山本周五郎賞をそれぞれ受賞した。2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木賞と第14回本屋大賞を受賞。

オンライン書店で見る