綺羅の皇女(1) 

講談社文庫
キラノヒメミコ1
  • 電子あり
綺羅の皇女(1) 
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

華麗なる和風王朝ファンタジー、幕開け!

皇族ながら、両親の愛を知らずに修道尼院で育った皇女・咲耶(さや)。真秀皇国(まほらこうこく)の皇帝しか見るはずのない予知夢を見る咲耶は、それを他言することを厳しく禁じられていた。隣国に嫁ぐため渡海したある日、夢で故国の惨状を知るも、咲耶は知らせる術がない。しかし――。権謀渦巻く皇国で、特異な生を受けた少女の運命は!?

~~主な登場人物~~
咲耶(さき): 真秀皇国の皇帝・凰輝の従姉。予知夢を見る十六歳の少女。
凰輝(おうき): 父で前帝の寿鳳(じゆほう)を早く亡くし、幼くして皇帝に即位。
汀子(みぎわこ): 咲耶の母で、皇帝の身の回りの世話をする女官長。
才明(さいめい):西海国の皇帝。咲耶と婚約を予定している。
サード:才明に仕える、心優しき謎めいた美丈夫。

製品情報

製品名 綺羅の皇女(1) 
著者名 著:宮乃崎 桜子
発売日 2018年06月14日
価格 定価 : 本体620円(税別)
ISBN 978-4-06-511835-1
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る