「北の国から」異聞 黒板五郎 独占インタビュー!

キタノクニカライブンクロイタゴロウドクセンインタビュー
  • 電子あり
「北の国から」異聞 黒板五郎 独占インタビュー!
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「北の国から 2002遺言」から十余年。主人公の黒板五郎はいまも麓郷の石の家に暮らしている。
そこに東京の新聞社からワケありの様子の記者がやってきて、五郎に近況と、純や蛍のその後の様子をたずねるのだった。そして初めて明かされる、「北の国から」サイドストーリー。

目次

  • 第1夜 夢のなかで令子に逢ったンだ
  • 第5夜 オイランちは本来、士族の出だ。なめるンでない
  • 第9夜 ところが中畑の中ちゃん、裏山でクマに遭っちまった
  • 第12夜 あんた幽霊を信じるかい? いるよ。見たさ何度も。そこら中よ
  • 第16夜 東京って聞いて何が閃いたと思う。浅丘ルリ子よ!
  • 第18夜 今もこゞみは、へそ歓楽街で居酒屋やってる
  • 第20夜 金がなけりゃァ工夫して生きるのさ。8ツ蛍はでやっとった
  • 第23夜 闇鍋会。まア麓郷のフリーメーソンみたいなもンだ
  • 第24夜 「父サン、ボク宮様ニ見染メラレタ様デス」
  • 第25夜 富良野にゃ角道はないが、農道ってもンがある!
  • 第27夜 オラ胸がつまってさ。涙がいきなり前へ飛び出した
  • 第28夜 あんた、本読まんで自然に学びなさい
  • 第31夜 あいつ、本当は私も来たかったって云うンだ。オイラも、お前にいて欲しかった

製品情報

製品名 「北の国から」異聞 黒板五郎 独占インタビュー!
著者名 著:倉本 聰
発売日 2018年06月07日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-511516-9
判型 四六
ページ数 192ページ
初出 本書は2017年2月から2018年5月に刊行された『「北の国から」全話収録DVDマガジン』の倉本聰書き下ろし連載<「北の国から」落穂拾い 黒板五郎 独占インタビュー!>をまとめて加筆・修正したものです。

著者紹介

著:倉本 聰(クラモト ソウ)

1935年東京都に生まれる。東京大学文学部美学科を卒業後、ニッポン放送入社。1963年に脚本家として独立。テレビドラマは『赤ひげ』『勝海舟』(以上、NHK)、『前略おふくろ様』『昨日、悲別で』(以上、日本テレビ)、富良野3部作『北の国から』『優しい時間』『風のガーデン』(以上、フジテレビ)など。2017年放送のテレビ朝日『やすらぎの郷』も大きな話題を呼んだ。映画でも『冬の華』『駅 STATION』等名作の脚本を執筆。『時計 Adieu l'Hiver』では監督も兼務した。1977年富良野に移住し、役者とライターを養成する「富良野塾」を主宰。26年間に育て上げた卒業生と創作集団「富良野GROUP」を立ち上げ、舞台公演を中心に活動している。また2006年より「NPO法人富良野自然塾」を主宰し、閉鎖されたゴルフ場を元の森に返す自然返還事業と、そのフィールドを使った環境教育プログラム活動を行なう。著書には『見る前に跳んだ 私の履歴書』(日本経済新聞出版社)、『昭和からの遺言』『ヒトに問う』(以上、双葉社)、『聞き書き 倉本聰 ドラマ人生』(北海道新聞社)、『北の人名録』(新潮文庫)などがある。

オンライン書店で見る