茶のある暮らし  千宗屋のインスタ歳時記

講談社の実用書
チャノアルクラシセンソウオクノインスタサイジキ
茶のある暮らし  千宗屋のインスタ歳時記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

元旦に飲む大福茶とは? 7月31日は深夜に登山? 八朔の意味は? 武者小路千家次期家元の暮らしから見えるNIPPON歳時記。

製品情報

製品名 茶のある暮らし  千宗屋のインスタ歳時記
著者名 著:千 宗屋
発売日 2018年11月24日
価格 定価 : 本体2,700円(税別)
ISBN 978-4-06-511663-0
判型 A24取
ページ数 264ページ
シリーズ 講談社の実用BOOK

著者紹介

著:千 宗屋(セン ソウオク)

千 宗屋/せん そうおく
1975年、京都府生まれ。武者小路千家家元後嗣。斎号は随縁斎。96年、慶應義塾大学環境情報学部卒業、同大学大学院前期博士課程修了(中世日本絵画史)。

2003年、武者小路千家十五代次期家元として後嗣号「宗屋」を襲名。08年には文化庁文化交流使としてアメリカ ニューヨークに一年間滞在。現在、明治学院大学にて非常勤講師も務める。17年にはキュレーターとしてMOA美術館にて「茶の湯の美」をテーマに展覧会を行った。古美術から現代アートにいたるまで造詣が深い。

著書に『茶―利休と今をつなぐ』(2010)、『もしも利休があなたを招いたら』(2011)ほか。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス