荘子 全現代語訳 合本版

ソウジ ゼンゲンダイゴヤク ガッポンバン
その他:池田 知久
  • 電子のみ
荘子 全現代語訳 合本版
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「胡蝶の夢」「朝三暮四」「知魚楽」「万物斉同」「庖丁解牛」「寿(いのちなが)ければ則ち辱多し」「無用の用」などがよく知られているが、それだけではない、西洋哲学を凌駕する深い哲学・思想がある。最重要である「道」が「一」であり、また結局は「無」であり、人間には決して把えられないものであるという根本テーゼを定立した。宇宙論、生き方、処世、芸事まで、幅広い哲学を展開した、汲めども尽きぬ名著。


2014年刊『荘子 全訳注』(上下)の簡易・軽装版が登場!
『荘子』は現在三十三篇本として確立しています。訳者は内篇・外篇・雑篇の内容はどれも興味深いものであり、熟読玩味に値するとの立場から、全篇の現代語訳を収録。
よく知られた「胡蝶の夢」「朝三暮四」「知魚楽」「万物斉同」「庖丁解牛」「寿(いのちなが)ければ則ち辱多し」「無用の用」などがありますが、西洋哲学を超える深い哲学・思想をふくんでいます。
「斉物論」は、中国古代の道家にとって最重要である「道」が「一」であり、また結局は「無」であり、人間の知恵によっては決して把えられない何ものかであるという根本テーゼを始めて定立しました画期となります。
宇宙論から人間の生き方、処世から芸事まで、幅広い思想を展開した、汲めども尽きぬ面白さをもった『荘子』を達意の訳文と【原文】【総説】【解説】も併録して、楽しく読み解いていきます。

目次

  • 荘子 全現代語訳(上)
  • 始めに
  • 凡 例
  • 内 篇
  • 逍遥遊 第一
  • 斉物論 第二
  • 養生主 第三
  • 人間世 第四
  • 徳充符 第五
  • 大宗師 第六
  • 応帝王 第七
  • 外 篇
  • へん拇 第八
  • 馬蹄 第九
  • きょ篋 第十
  • 在宥 第十一
  • 天地 第十二
  • 天道 第十三
  • 天運 第十四
  • 刻意 第十五
  • 繕性 第十六
  • 秋水 第十七
  • 至楽 第十八
  • 荘子 全現代語訳(下)
  • 凡 例
  • 達生 第十九
  • 山木 第二十
  • 田子方 第二十一
  • 知北遊 第二十二
  • 雑 篇
  • 庚桑楚 第二十三
  • 徐无鬼 第二十四
  • 則陽 第二十五
  • 外物 第二十六
  • 寓言 第二十七
  • 譲王 第二十八
  • 盗跖 第二十九
  • 説剣 第三十
  • 漁父 第三十一
  • 列御寇 第三十二
  • 天下 第三十三
  • 後書き

製品情報

製品名 荘子 全現代語訳 合本版
著者名 その他:池田 知久

著者紹介

その他:池田 知久(イケダ トモヒサ)

池田 知久(いけだ ともひさ)
1942年生まれ。 東京大学文学部卒業。同大学院大学院博士課程修了。東京大学教授、大東文化大学教授などを歴任。現在、、東京大学名誉教授、(中国)山東大学教授。専門は中国思想。
著書に、『馬王堆漢墓帛書五行篇研究』 『諸子百家文選』『老荘思想』 』『郭店楚簡儒教研究』『占いの創造力 現代中国周易論文集』『老子』、『中国思想文化事典』(共著) などがある。

オンライン書店で見る