TRANSIT(トランジット)16号  美しきドイツ

トランジットウツクシキドイツノコウゲンヲサガシテ
TRANSIT(トランジット)16号  美しきドイツ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

メルヘンティックな情景が続く街道、おとぎ話に出てくるような白 亜の城。
そして、勇壮な建築が並ぶ首都ベルリンや、狂騒の祭がくり広げら れるミュンヘン。
変化自在にさまざま表情を見せるヨーロッパの大国ドイツを、
トラベルカルチャー誌『TRANSIT』最新号(3月23 日発売)が総力特集!


巻頭特集は、かの地で鳴り響くハーモニーを探って、
夏の名残が感じられるバイエルンを中心にめぐった音楽紀行。
食がおいしい秋には、世界最大のビール祭「オクトーバーフェスト」で
ビアグラスを片手にソーセージをほおばる人びとを突撃で取材し、
真冬のベルリンでは、凍てついた表情を見せる街、川、空を切り取 りつつ、
そんななかでもホットに毎日の生活を謳歌するベルリンっ子に会っ てきました。


また、天才の名と変態の足跡を人類史に残してきたジャーマンピー プルの、
謎に満ちた「頭のなか」を第二特集で徹底解読!
思想、教育、デザイン、性、音楽、映画、本などの切り口を用意して、
やわらかい内容のものから堅物企画まで織り交ぜ、読み応え満点です。


さらに、特別付録の「ドイツ プロダクト王国」では、玩具、 絵本、文房具、家電、
家具などのテーマごとに、モノ作り大国が生み出した名品たちをま とめて紹介。
時間に正確な交通機関が整備された国だからこそ絶対に使う交通手 段別地図と、
ドイツ語の特有表現も掲載した会話集、主要都市の性格がすぐわか るデータ付き大地図など、
旅をするのにあるとうれしい内容が盛りだくさんの小冊子付き!

目次

  • ドイツで鳴る音:ヴィースバーデン/ルートヴィヒスブルク/アウ クスブルク/ミュンヘン
  • 黒い森の奥へ:シュヴァルツヴァルト
  • 境界線上のプリズム:ベルリン
  • 今宵もビールで夜は更けて:ミュンヘン
  • 都会のアリスと世界最古の懸垂モノレール:フランクフルト/ケル ン/ヴッパータール
  • テクノスケープの鼓動:デュイスブルク/ドルトムント/ケルン
  • ドイツ人って何だ?/ドイツ思想地図/天才(?)は語る/ドイツ で芽生えたオルタナティブ教育/バウハウス的デザイン英才教育/ 辛酸なめ子~性をめぐる飽くなき探究/ドイツの創造力/ドイツ、 栄光と挫折の軌跡/ガスパー・ハウザーとは誰か? etc…
  • 【豪華執筆陣】
  • 石川直樹/角田光代/津田 直/椎名 誠/ソニア
  • パーク
  • 倉岡裕之/安全ちゃん/辛酸なめ子/細野晴臣
  • ■特別付録
  • <BOOK in BOOK>ドイツ プロダクト王国
  • ※折り込みドイツ大地図付属

製品情報

製品名 TRANSIT(トランジット)16号  美しきドイツ
著者名 編:ユーフォリアファクトリー
発売日 2012年03月21日
価格 定価 : 本体1,714円(税別)
ISBN 978-4-06-389654-1
判型 A4変型
ページ数 188ページ
シリーズ 講談社 Mook(J)