医者に手抜きされて死なないための患者力

イシャニテヌキサレテシナナイタメノカンジャリョク
  • 電子あり
医者に手抜きされて死なないための患者力
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

大病にかかった時に治癒率が高い、生存率が高い患者になるための実践本。
セカンドオピニオンの一般化や保険外治療の増加などで、医者と患者の関係はますます複雑になってきている。いざという時、納得の医療を受けられるための「患者力」、それは医者とのコミュニケーション力でもある。「混合医療時代」を生き残るための、医者をやる気にさせる「患者の作法」とは何だろうか。
知ってるようで知らないお医者さんとのコミュニケーションについて、これまでの本はいずれも医師の視点から「患者は~すべき」と書いてきた。でも、それは本当に患者のためになっているのだろうか?
本書の著者は、長年にわたり、医者と患者を結ぶ取材を続けてきた医療ジャーナリスト。100%患者目線から「医者と患者の関係」を突き詰めることで、患者の立ち位置で「患者力」を向上させるノウハウを伝える。

目次

  • 第1章 コミュニケーション力
  •      ~「○○先生」と、医師の目を見ながら、医師は名前で呼びかけよう
  •   医師と向き合うときは「メモ&録音セット」を持参しましょう。
  •   医師に質問をするときは「メモ」と「5つ」以内を鉄則にしましょう。
  •   医師の目を見ながら、名前で呼びかけて話しましょう。
  •   医師からの情報を間違いなく聞き取るワザを身につけましょう。
  •   治療方針に迷ったら、「先生ならどうしますか?」と聞いてみましょう。
  •   「我慢」は「不満」につながることを常に意識しましょう。
  • 第2章  判断力
  •       ~「この病院で大丈夫?」「治療方針、本当に正しい?」と考えてみよう
  •   納得できる治療を受けるために「患者力」が必要なのです。
  •   「正しい診断」を受けられるかどうかが、快癒への別れ道です。
  •   同じ病院でも「科」が違えばレベルが違います。
  •   医療では「最先端」より「標準」のほうが最善です。
  •   ジェネリック医薬品のメリットを最大限いかしましょう。  
  •   入院費用、払うべきものと払わなくていいものがあります。
  •   セカンド・オピニオンは遠慮せず、主治医にはっきり伝えましょう。
  • 第3章  人間力
  •       ~納得できる医療を受けるために、「名医」を見きわめる目を持とう
  •   大病にかかったときのために、ふだんから医師に慣れておきましょう。
  •   治療についての決定権は、医師ではなく患者にあります。
  •   「本当は誰のための治療?」かを見きわめる目を持ちましょう。
  •   未来を切り拓くために、自分の希望を率直に医師に伝えましょう。
  •   信頼関係が結べた医師が、自分にとっての名医になります。

製品情報

製品名 医者に手抜きされて死なないための患者力
著者名 著:増田 美加
発売日 2014年11月21日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-295310-8
判型 四六
ページ数 208ページ
シリーズ らくらく本

オンライン書店で見る