誰かの家

講談社文庫
ダレカノイエ
  • 電子あり
誰かの家
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「まだ誰にも、一度も喋ってへん話がある」
拭えども魍魎(あやかし)は肌に滑り憑く。
怪談の形で迫る六篇、三津田信三恐怖譚集。

再会した中学時代の友人は、奇妙な話を語り出した。幽霊屋敷と噂の奇っ怪な邸宅。無人でも廃墟でもなく、時折人影や窓の明かりが目撃されるという。不良少年だった彼は悪友に唆され、半ば肝試しのように館に独り忍び込む。(表題作)日常の裂け目の奥底で戦慄が踊る、"身も心も総毛立つ"ホラー短篇小説集。

怪異譚が紡ぐ悍(おぞ)ましきものがひたひた迫り来る。

目次

  • つれていくもの
  • あとあとさん
  • ドールハウスの怪
  • 湯治場の客
  • 御塚様参り
  • 誰かの家

製品情報

製品名 誰かの家
著者名 著:三津田 信三
発売日 2018年03月15日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-293878-5
判型 A6
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 この短編集は2015年7月、講談社ノベルスとして刊行されました。各作品初出|「つれていくもの」…『メフィスト2012 VOL.2』、「あとあとさん」…『メフィスト2012 VOL.3』、「ドールハウスの怪」…『メフィスト2013 VOL.2』、「湯治場の客」…『メフィスト2014 VOL.2』、「御塚様参り」…『メフィスト2014 VOL.3』、「誰かの家」…『メフィスト2015 VOL.1』、エッセイ「戸隠での不思議な体験」…「IN☆POCKET」2015年9月号。

著者紹介

著:三津田 信三(ミツダ シンゾウ)

編集者を経て2001年『ホラー作家の棲む家』(講談社ノベルス/『忌館』と改題、講談社文庫)で作家デビュー。2010年『水魑の如き沈むもの』(原書房/講談社文庫)で第10回本格ミステリ大賞受賞。ホラーとミステリの融合を試みる独自の作風を持つ。近刊に『魔邸』(KADOKAWA)、『忌物堂鬼談』(講談社ノベルス)、『わざと忌み家を建てて棲む』(中央公論新社)、『黒面の狐』(文藝春秋)。"作家三部作"(講談社文庫)、"刀城言耶"(原書房/講談社文庫)、"家"シリーズ(光文社文庫/角川ホラー文庫、KADOKAWA)、"死相学探偵"(角川ホラー文庫)、"幽霊屋敷"(中央公論新社)など、シリーズ作品多数。刀城言耶第三長編『首無の如き祟るもの』は『2017本格ミステリ・ベスト10』(原書房)の過去20年のランキングである「本格ミステリ・ベスト・オブ・ベスト10」第1位となった。

オンライン書店で見る