忖度 百万石の留守居役(十)

講談社文庫
ソンタクヒャクマンゴクノルスイヤク10
  • 電子あり
忖度 百万石の留守居役(十)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

神君家康の次男秀康の血を引く越前松平家は、幕府にとって格別な藩となる。外様第一の加賀藩にとっては監視される隣藩でもある。藩主前田綱紀のお国入りの際に襲撃しようとしたのは、はたして越前の者なのか? 藩主綱紀と数馬の舅となった宿老本多政長は、数馬を越前福井に向かわせる。わが藩のためにと先走る敵方は、数馬たちの目的を察知し、襲いかかる。使者として登城した数馬は、敵陣包囲の中、血路を開けるか!?

目次

  • 第一章 藩主の不在
  • 第二章 格別な家柄
  • 第三章 長年の確執
  • 第四章 殿中争闘
  • 第五章 獅子身中の虫

製品情報

製品名 忖度 百万石の留守居役(十)
著者名 著:上田 秀人
発売日 2017年12月15日
価格 定価 : 本体660円(税別)
ISBN 978-4-06-293820-4
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る