世界で一つだけの殺し方

講談社文庫
セカイデヒトツダケノコロシカタ
  • 電子あり
世界で一つだけの殺し方
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

10歳の少女が両親と訪れたのは、不思議な現象が次々と起こる街だった。そこで奇怪な殺人事件が。(「不可能アイランドの殺人」) 動物園でのピアノ・コンサートの最中に象が暴れ、飼育員が死亡した。事故と思われた出来事の真相とは?(「インペリアルと象」) 2つの怪事件に「芸術探偵」が挑む! 『最後のトリック』『ミステリー・アリーナ』でミステリ界を席巻中の奇才による究極のトリック!


読者を挑発!   
ヤバすぎる「絶対の完全犯罪」 

『最後のトリック』『ミステリー・アリーナ』で
ミステリ界を席巻中の奇才による究極のトリック!

10歳の少女が両親と訪れたのは、不思議な現象が次々と起こる街だった。
そこで奇怪な殺人事件が。(「不可能アイランドの殺人」)
動物園でのピアノ・コンサートの最中に象が暴れ出し、飼育員が死亡した。
事故と思われた出来事の驚くべき真相とは?(「インペリアルと象」)
2つの怪事件に「芸術探偵」が挑む!

目次

  • 不可能アイランドの殺人
  • インペリアルと象

製品情報

製品名 世界で一つだけの殺し方
著者名 著:深水 黎一郎
発売日 2017年02月15日
価格 定価 : 本体660円(税別)
ISBN 978-4-06-293587-6
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2013年12月、南雲堂より単行本として刊行されたものです。

オンライン書店で見る