島はぼくらと

講談社文庫
シマハボクラト
  • 電子あり
島はぼくらと
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

この島の別れの言葉は「行ってきます」。きっと「おかえり」が待っているから。   瀬戸内海に浮かぶ島、冴島。朱里、衣花、源樹、新の四人は島の唯一の同級生。フェリーで本土の高校に通う彼らは卒業と同時に島を出る。ある日、四人は冴島に「幻の脚本」を探しにきたという見知らぬ青年に声をかけられる。淡い恋と友情、大人たちの覚悟。旅立ちの日はもうすぐ。別れるときは笑顔でいよう。


17歳。卒業までは一緒にいよう。
この島の別れの言葉は「行ってきます」。
きっと「おかえり」が待っているから。

瀬戸内海に浮かぶ島、冴島。朱里、衣花、源樹、新の四人は島の唯一の同級生。フェリーで本土の高校に通う彼らは卒業と同時に島を出る。ある日、四人は冴島に「幻の脚本」を探しにきたという見知らぬ青年に声をかけられる。淡い恋と友情、大人たちの覚悟。旅立ちの日はもうすぐ。別れるときは笑顔でいよう。

大人も子供も一生青春宣言!辻村深月の新たな代表作。

目次

  • I
  • II
  • III
  • IV

製品情報

製品名 島はぼくらと
著者名 著:辻村 深月
発売日 2016年07月15日
価格 定価 : 本体700円(税別)
ISBN 978-4-06-293451-0
判型 A6
ページ数 432ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2013年4月に小社より単行本として刊行されました。

オンライン書店で見る