61時間(上)

講談社文庫
61ジカンジョウ
  • 電子あり
61時間(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

豪雪のなかバス事故に巻き込まれた元軍人のリーチャー。大規模な刑務所を擁するこの町に国際的覚醒剤密売組織の拠点があった。殺人事件の目撃者として地元警察によって不自然なまでに手厚く保護される老婦人。警察から協力を要請されたリーチャーの作戦が始まる。トム・クルーズ主演の映画化で話題の「ジャック・リーチャー・シリーズ」邦訳最新刊。


アメリカ中西部を旅行中、豪雪によるバス事故に巻き込まれた元軍人のジャック・リーチャー。大規模な刑務所を擁するこの町に国際的覚醒剤密売組織の拠点があった。密売の目撃者として地元警察によって不自然なまでに手厚く保護される老婦人。警察から協力を要請されたリーチャーの作戦が始まる。トム・クルーズ主演の映画化で話題のアクション・サスペンス・シリーズ邦訳最新刊。

製品情報

製品名 61時間(上)
著者名 著:リー・チャイルド 訳:小林 宏明
発売日 2016年07月15日
価格 定価 : 本体960円(税別)
ISBN 978-4-06-293374-2
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:リー・チャイルド(リー・チャイルド)

1954年イングランド生まれ。地元テレビ局勤務を経て、97年に『キリング・フロアー』で作家デビュー。アンソニー賞最優秀処女長編賞を受賞し、全米マスコミの絶賛を浴びる。以後、ジャック・リーチャーを主人公としたシリーズは現在までに19作が刊行され、いずれもベストセラーを記録。本書は14作目にあたる。2012年にシリーズ9作目の『アウトロー』(原題『ONE SHOT』)が映画化され、さらなる注目を集めた(日本公開は2013年)。

訳:小林 宏明(コバヤシ ヒロアキ)

1946年東京都生まれ。明治大学英米文学科卒。リー・チャイルド『キリング・フロアー』『前夜』、パターソン『血と薔薇』(以上講談社文庫)、エルロイ『LAコンフィデンシャル』(文春文庫)、カハナー『AK-47』(学習研究社)、ウォンボー『ハリウッド警察特務隊』(早川書房)ほか翻訳書多数。著書には『小林宏明のGUN講座』(エクスナレッジ)、『図説 銃器用語事典』(早川書房)、『銃』(学研パブリッシング)などがある。

オンライン書店で見る