もう一度、お父さんと呼んでくれ。

講談社文庫
モウイチドオトウサントヨンデクレ
  • 電子あり
もう一度、お父さんと呼んでくれ。
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

男手ひとつで、心を込めて娘を育ててきたはずだった。そこに突然届いた「お父さん検定」。合格しなければ親権を奪われる。差出人は亡き妻の母だ。健康か。家事はできるか。娘の気持ちをわかっているか。数々の審査項目に細野一郎は七転八倒。「そうだ、夏休みに旅行に行かないか?」「私、留学したいんだ」「今なんて言った?」期間は二ヵ月、娘に相応しい父への道のりは遠い。『ボク妻』著者が描く、一風変わった家族の物語。

目次

  • 第一章 お父さん検定が来た
  • 第二章 失敗屋
  • 第三章 父として
  • 第四章 段々、父親と娘
  • 第五章 お父さん検定
  • エピローグ 子別れ

製品情報

製品名 もう一度、お父さんと呼んでくれ。
著者名 著:樋口 卓治
発売日 2016年04月15日
価格 定価 : 本体600円(税別)
ISBN 978-4-06-293356-8
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は、2013年10月に、小社より刊行された『失敗屋ファーザー』を文庫化にあたり加筆修正の上、改題したものです。

著者紹介

著:樋口 卓治(ヒグチ タクジ)

1964年、北海道生まれ。放送作家として「笑っていいとも!」「Qさま!!」「お願い! ランキング」「中居正広の金曜日のスマたちへ」「ヨルタモリ」「林修の今でしょ!講座」などを担当し、2012年、『ボクの妻と結婚してください。』で小説家デビュー。他の著作に『天国マイレージ』などがある。

オンライン書店で見る