宝くじが当たったら

講談社文庫
タカラクジガアタッタラ
  • 電子あり
宝くじが当たったら
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

32歳、わくわく食品経理課勤務、独身。ごく普通のサラリーマン・修一の趣味は宝くじをバラで10枚買うこと。ところが今年、一等、2億円が降ってきた。あくまで堅実でつつましい生活を続けようとした修一の目の前に、急に現れた親戚、慈善団体に同級生。さらにネットに実名が流出、会社の電話が鳴りやまない! 最高の幸福が招いた大混乱、いったい誰を信じれば? ジャンボなドリーム、宝くじエンタテインメント!

目次

  • プロローグ
  • 第一章 ぼくは辞めません
  • 第二章 吉事、千里を走る
  • 第三章 三十二歳で大ブレイク
  • 第四章 持っちゃった人
  • 第五章 札束でかがり火を焚く
  • 第六章 諭吉のリトマス試験紙
  • 第七章 ひとりぼっちのあいつ
  • 第八章 人として人に迷う
  • 第九章 それでも人しか愛せない
  • エピローグ

製品情報

製品名 宝くじが当たったら
著者名 著:安藤 祐介
発売日 2015年12月15日
価格 定価 : 本体630円(税別)
ISBN 978-4-06-293280-6
判型 A6
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 この作品は、2012年11月に小社より単行本として刊行されました。

オンライン書店で見る