隠密 味見方同心(二) 干し卵不思議味

講談社文庫
オンミツアジミカタドウシン2ホシタマゴフシギアジ
  • 電子あり
隠密 味見方同心(二) 干し卵不思議味
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

月浦魚之進が、殺された兄・波之進。の跡を継いで、同心になった。だが、兄と比べて、すべてが劣っている。皆からも「大丈夫か?」と、心配されながら、魚之進は仕事に励む。兄が残した謎の言葉。「美味の傍には悪がいる」そして、最高にうまい食べものとはなにか?それと、兄の殺しは関係あるのか。軽妙洒脱な「風野」風味いっぱいの「味見方同心」シリーズ!


月浦魚之進が兄・波之進の跡を継いで、味見方同心になった。
だが、兄と比べて、すべてが劣っている。
皆からも「大丈夫か?」と、心配されながら、魚之進は仕事に励む。
兄が残した謎の言葉ふたつ。
「美味の傍には悪がいる」
「この世のものとは思えないほど最高にうまい食べものを食べた・・・」
それらと、死んだ兄との関係はあるのか。

珍味好きには嘘つき多し!
軽妙洒脱、「風野」風味いっぱいの味見方同心シリーズ!

あらすじ)
「美味の傍には悪がいる」という言葉を言い遺し、味見方同心・月浦波之進は、刺客に襲われ死んでしまった。弟の魚之進に、兄の供養の為にも味見方同心を継げ、との命が下る。切れ者の兄と違い気弱な性格の魚之進に、隠密捜査が出来るのか? 新江戸料理が次々登場する、江戸グルメ捕物帖・第2弾!

目次

  • 第一話 ふんどし豆腐
  • 第二話 天狗ちくわ
  • 第三話 干し卵
  • 第四話 うどんの天ぷら

製品情報

製品名 隠密 味見方同心(二) 干し卵不思議味
著者名 著:風野 真知雄
発売日 2015年03月13日
価格 定価 : 本体610円(税別)
ISBN 978-4-06-293064-2
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:風野 真知雄(カゼノ マチオ)

1951年生まれ。93年に「黒牛と妖怪」で第17回歴史文学賞受賞してデビュー。主な著書に『若さま同心 徳川竜之助』(双葉文庫)、『姫は、三十一』(角川文庫)、『耳袋秘貼』(文春文庫)、『大名やくざ』(幻冬舎時代小説文庫)、『占い同心 鬼堂民斎』(祥伝社文庫)各文庫書下ろしシリーズがある。単行本には『沙羅沙羅越え』など。『妻は、くノ一』は市川染五郎主演でテレビドラマ化され人気を博した。本作は「味見方同心」シリーズの第2作。

オンライン書店で見る