妖怪学新考 妖怪からみる日本人の心

講談社学術文庫
ヨウカイガクシンコウヨウカイカラミルニホンジンノココロ
  • 電子あり
妖怪学新考 妖怪からみる日本人の心
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本人にとって、妖怪とはなにか。科学的思考を生活の基盤とし、暗闇すら消え去った世界においてなお、私たちはなぜ異界を想像せずにはいられないのだろうか。「妖怪」とは精神の要請なのか、それとも迷信にすぎないのか――。古代から現代にいたるまで妖怪という存在を生みだし続ける日本人の精神構造を探り、「向こう側」に託された、人間の闇の領域を問いなおす。妖怪研究の第一人者による、刺激的かつ最高の妖怪学入門。

目次

  • はじめに──新しい妖怪学のために
  • 第一部 妖怪と日本人
  • 一 妖怪とはなにか
  • 二 妖怪のいるランドスケープ
  • 三 遠野盆地宇宙の妖怪たち
  • 四 妖怪と都市のコスモロジー
  • 五 変貌する都市のコスモロジー
  • 六 妖怪と現代人
  • 第二部 魔と妖怪
  • 一 祭祀される妖怪、退治される神霊
  • 二 「妖怪」の民俗的起源論
  • 三 呪詛と憑霊
  • 四 外法使い──民間の宗教者
  • 五 異界・妖怪・異人
  • おわりに──妖怪と現代文化
  • あとがき
  • 新書版 あとがき

製品情報

製品名 妖怪学新考 妖怪からみる日本人の心
著者名 著:小松 和彦
発売日 2015年07月11日
価格 定価 : 本体1,110円(税別)
ISBN 978-4-06-292307-1
通巻番号 2307
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、1994年7月に小学館より刊行、その後2000年7月に小学館ライブラリー版として再版、2007年7月に洋泉社より新書版として刊行されました。

お知らせ・ニュース

関連サイト
講談社学術文庫の「大文字版」がオンデマンドで読める!
「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」好評です!

学術文庫の版面をそのまま、四六判(一般的な単行本の大きさ)相当まで大きく引き延ばして印刷・製本するオンデマンド版を販売中です。ご注文いただいたらすぐに製造、在庫切れの心配がありません。
ご注文から5日以内にお手元まで直送いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなにすごい! 「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」
 ◎127パーセント拡大。細かな注釈も十分な大きさの文字に
 ◎四六版相当(133ミリ×188ミリ)のサイズなので、書棚におさめやすい
 ◎高品質用紙にくっきりとした印刷なので、文字が読みやすい
 ◎伸縮性が高いPUR製本なので、開きやすく割れにくい
 ◎フィルム貼りをほどこした高級感ある表紙
 ◎オンラインでご注文後、五日以内に発送。すぐに手元に届く
----------------------------------------------------------------------------------------------------
販売は、専用のウェブサイト https://kodansha.bookstores.jp/ のみにて販売いたします。
(一般書店での取り扱いはございません。ご注意ください)
スマホでもPCも、快適にじっくり本を選べます! 

講談社学術文庫の約600書目がラインナップとして用意しています。
紙の文庫では品切れ重版未定となっている書目もあります。
今後もさらに既刊書を拡充するとともに、
新刊書目もラインナップに加えていく予定です。ぜひご注目ください!

オンライン書店で見る