新井白石「読史余論」 現代語訳

講談社学術文庫
アライハクセキトクシヨロン
  • 電子あり
新井白石「読史余論」 現代語訳
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「正徳の治」で名高い大儒学者による歴史研究の代表作。古代天皇制から、武家の発展を経て江戸幕府成立にいたる歴史を九変・五変に時代区分して論じ、徳川政権の正当性を主張する。天皇家や源頼朝、足利幕府への客観的で冷徹な評価、為政者の不徳と失政に対して天命が革まる「易姓革命」への警鐘など、実証的で先駆的な史論の現代語訳。(講談社学術文庫)


江戸期の大知識人による先駆的な歴史研究
天皇家の衰退から秀吉の天下統一への過程を実証的に描き、徳川政権の正当性を主張。
独自の歴史観を読みやすい訳文で。

「正徳の治」で名高い大儒学者による歴史研究の代表作。古代天皇制から、武家の発展を経て江戸幕府成立にいたる歴史を九変・五変に時代区分して論じ、徳川政権の正当性を主張する。天皇家や源頼朝、足利幕府への客観的で冷徹な評価、為政者の不徳と失政に対して天命が革まる「易姓革命」への警鐘など、実証的で先駆的な史論の現代語訳。(解説・藤田覚)

おおよそこれらの人びとのふるまいは、どう考えても大臣らしい行いとはいえない。思えば、よくよく恥を知らぬ人びとであった。(中略)世の中がすこしでも平穏になると尊位厚禄にあぐらをかき、武士をまるで奴婢や雑人のようにしか思わず、世間が乱れたときにはこそこそするばかりで、一人として身を投げだして忠功をはげむ者もいなかったのは、公家と僧徒だけ。まことに国家の害毒というのは、こういう連中のことをいうのであろう。だから、天道は、天に代わって功を立てる人に報いるのが道理ゆえ、その後に武家が世を治めたのも、理由のあることだと考える。――<本書第三巻より>

※本書の原本は、1969年、「日本の名著 15『新井白石』」として、中央公論社より刊行されました。本書は、中公バックス版「日本の名著 15」(1983年刊)を底本としました。

目次

  • 第一巻 総論 日本の天下の大勢は、九度変化して武家の治世となり、武家の治世がまた五度変化して、当代にいたったこと
  • 第二巻
  • 古代には征伐が天皇の手で行われたこと
  • 中世以来、将軍の職が世襲となったこと
  • 源頼朝父子三代のこと
  • 北条が代々天下の権をつかさどったこと
  • 後醍醐天皇の中興政治のこと
  • 第三巻
  • 足利殿が北朝の天皇を立てたこと
  • 室町家代々の将軍のこと
  • 信長の治世のこと
  • 秀吉の天下のこと
  • 訳者あとがき
  • 解説(藤田覚)

製品情報

製品名 新井白石「読史余論」 現代語訳
著者名 訳:横井 清
発売日 2012年11月13日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-292140-4
通巻番号 2140
判型 A6
ページ数 368ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、1969年、「日本の名著 15『新井白石』」として、中央公論社より刊行されたもの。本書は、中公バックス版「日本の名著 15」(1983年刊)を底本とした。

著者紹介

訳:横井 清(ヨコイ キヨシ)

1935年、京都市生まれ。立命館大学大学院博士課程中退。部落問題研究所、京都市史編さん所などに勤務したほか、富山大学教授、桃山学院大学教授を歴任。おもな著書に『中世民衆の生活文化』『東山文化』『下剋上の文化』『的と胞衣』『光あるうちに』『中世日本文化史論考』『室町時代の一皇族の生涯』などがある。

オンライン書店で見る