マハン海上権力論集

講談社学術文庫
マハンカイジョウケンリョクロンシュウ
編・訳:麻田 貞雄
  • 電子あり
マハン海上権力論集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

国家の繁栄をはかる独創的なシー・パワー理論
海を制する者が世界を制す
秋山真之に多大な影響を与えた近代海軍の父、その思想と生涯

国家の繁栄には貿易の拡大を必要とし、それにはシーレーン確保や海軍力増強が重要となる――。近代海軍の父・マハンの海上権力理論は、秋山真之をはじめとする旧日本海軍のみならず、同時代の列強、そして現代に到るまで諸国家の戦略に多大な影響を与えている。海の可能性が注目される今、大きな示唆を秘めた海洋戦略論を、代表作を通して紹介する。

海軍士官、海軍史家、大海軍主義(ネイヴアリズム)のイデオローグ、戦略家、世界政治の評論家。さらに彼は「帝国主義者」をもって自任し、海外進出のプロパガンティストとして筆を振るい、世紀転換期の膨張政策を正当化するために、一連の時代思潮を、ときには相矛盾する形で体現する思想家でもあった。本書では、このようなマハンの著作から代表的な文章を7編選んでみた。――<本書「解説」より>

※本書は1977年、研究社出版株式会社から刊行された「アメリカ古典文庫8 アルフレッド・T・マハン」をもとに、「解説」などの新規加筆を行ない、再編集を施しました。

目次

  • 解説 歴史に及ぼしたマハンの影響――海上権力論と海外膨張論(麻田貞雄)
  • ●海上権力の歴史に及ぼした影響(抜粋)
  • ●合衆国海外に目を転ず
  • ●ハワイとわが海上権力の将来
  • ●20世紀への展望
  • ●海戦軍備充実論
  • ●アジアの問題(抜粋)
  • ●アジア状況の国際政治に及ぼす影響(抜粋)

製品情報

製品名 マハン海上権力論集
著者名 編・訳:麻田 貞雄
発売日 2010年12月10日
価格 定価 : 本体940円(税別)
ISBN 978-4-06-292027-8
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 1977年、研究社出版から刊行された「アメリカ古典文庫 8 アルフレッド・T・マハン」をもとに「解説」などの新規加筆を行ない、再編集を施した。

オンライン書店で見る