ドストエフスキー

講談社文芸文庫
ドストエフスキー
  • 電子あり
ドストエフスキー
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

同じ言葉でも誰がどんな状況で語るかで、その意味は異なり、ときに正反対に受け取れる。このラズノグラーシエ=異和こそがドストエフスーを読む鍵となる。登場人物は対話の中で絶えず異和と不協和に晒され、そのダイナミズムが読む者を強烈に惹きつけるのだ。批評家バフチンを起点に、しかし著者単独で小説内部に分け入り、文学的核心を精緻に照射する。ドストエフスキー論史の転換点を成す衝撃的論考。

目次

  • まえがき
  • 序 章 ラズノグラーシエ──二葉亭四迷とバフチン
  • 第一章 黄金時代の太陽──『悪霊』
  • 第二章 ソーニャの眼──『罪と罰』
  • 第三章 マリヤの遺体とおとなしい女──『作家の日記』
  • 第四章 写真の中の死、復活、その臭い──『白痴』
  • 第五章 逆遠近法的切り返し──『未成年』
  • 第六章 カラマーゾフのこどもたち──『カラマーゾフの兄弟』
  • 参考文献
  • 単行本あとがき
  • 著者から読者へ
  • 年譜
  • 著書目録

製品情報

製品名 ドストエフスキー
著者名 著:山城 むつみ
発売日 2015年12月11日
価格 定価 : 本体2,500円(税別)
ISBN 978-4-06-290296-0
判型 A6
ページ数 664ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 「ドストエフスキー〔1〕」…『文學界』2004年2月号(序章)、「ドストエフスキー〔2〕」…『文學界』2004年7月号(第一章)、「ドストエフスキー〔3〕」…『文學界』2005年12月号(第二章)、「ドストエフスキー〔4〕」…『文學界』2007年3月号(第三章)、「ドストエフスキー〔4〕承前」…『文學界』2007年4月号(第三章)、「ドストエフスキー『白痴』について」…『群像』2008年8月号(第四章)、「ドストエフスキー『未成年』の切り返し」…『群像』2009年4月号(第五章)、「カラマーゾフのこどもたち」…『群像』2010年7月号(第六章)。 ※本書は2010年11月刊行の単行本『ドストエフスキー』(講談社)を底本としました。

著者紹介

著:山城 むつみ(ヤマシロ ムツミ)

山城むつみ(やましろ・むつみ/1960・9・24~)
大阪府生まれ。文芸評論家。東海大学文学部文芸創作学科教授。大阪外国語大学外国語学部ロシア語学科卒業。1992年に「小林批評のクリティカル・ポイント」(『群像』1992年6月号)で第35回群像新人文学賞評論部門受賞。2011年、本書『ドストエフスキー』で第65回毎日出版文化賞を受賞。2015年、「小林秀雄とその戦争の時」で第6回鮎川信夫賞候補。ほかの著書に『文学のプログラム』(文芸文庫)、『転形期と思考』、『連続する問題』など。

オンライン書店で見る