酒と戦後派 人物随想集

講談社文芸文庫
サケトセンゴハジンブツズイソウシュウ
  • 電子あり
酒と戦後派 人物随想集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

大岡昇平、野間宏、武田泰淳、三島由紀夫、平野謙、中野重治、島尾敏雄他。随筆の名手でもあった著者の面目躍如たる人物エッセイ集。

目次

  • 異常児荒正人
  • 平野謙
  • 本多秋五
  • 強い芯を備えた隠者──山室静
  • 沈着者・小田切秀雄
  • 佐々木基一の幅広さ──『昭和文学交遊記』
  • 詩人の或る時期
  • 戦後の畸人達(抄)
  • 初期の石川淳
  • 安吾と雄高警部
  • 椎名麟三
  • はじめの頃の椎名麟三
  • 飢えの季節(抄)──梅崎春生について
  • 「夜の会」の頃の渡辺さん
  • 酒と戦後派
  • 三島由紀夫
  • 『崩解感覚』の頃
  • そも若きおり
  • 全身小説家、井上光晴
  • 井上光晴の「最高!」
  • はじめの頃の島尾敏雄
  • 島尾敏雄を送る
  • 島尾敏雄とマヤちやん
  • 『びいどろ学士』
  • 原民喜の回想
  • 堀辰雄
  • 結核と私達
  • 死の連帯感
  • 大井広介夫人
  • 癌とそうめん
  • 高見さんのサーヴィス
  • 穴のあいた心臓
  • 『悲の器』の頃
  • 異種精神族・澁澤龍彦──癌と医者運
  • サド裁判時代──白井健三郎
  • 心平さんの自己調教
  • 純粋日本人、藤枝静男
  • 鬱屈者の優雅性──大庭みな子について
  • 二人のドン・キホーテ──檀一雄と私
  • 青年辻邦生
  • 加賀乙彦のこと
  • 最低の摩訶不思議性
  • 最後の一局──追悼 北村太郎
  • 田村隆一の姿勢
  • 花田清輝との同時代性
  • 中野重治とのすれちがい
  • 中村光夫と戦後派
  • 不思議な哲学者──安岡章太郎
  • 吉本隆明の印象
  • 青年大江健三郎
  • 核時代の文学の力──大江健三郎について
  • 現代の六無斎
  • 現代の行者、小田実
  • 中村真一郎のこと
  • 遠い時間
  • 橋川文三のこと
  • 評論家と小説家
  • 竹内好の追想
  • 「お花見会」と「忘年会」
  • 最後の二週間
  • 武田山荘のエクトプラズマ
  • 大岡越前探偵と私
  • 公正者 大岡昇平
  • 武田百合子さんのこと
  • 時は武蔵野の上をも
  • 人物紹介
  • 同人誌・事項紹介

製品情報

製品名 酒と戦後派 人物随想集
著者名 著:埴谷 雄高
発売日 2015年12月11日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-290292-2
判型 A6
ページ数 432ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は『埴谷雄高全集』第1巻及び第4巻~第11巻(1998~1999年、講談社)を底本としました。

オンライン書店で見る