公園/卒業式 小島信夫初期作品集

講談社文芸文庫
コウエンソツギョウシキコジマノブオショキサクヒンシュウ
  • 電子あり
公園/卒業式 小島信夫初期作品集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

著者十六歳、岐阜中学校校友会誌に掲載された小品から、昭和二十年代までの初期作品を集成。第一高等学校時代の透明感溢れる心象風景を綴った伝説的佳品「裸木」や、同人誌「崖」に発表された「往還」「公園」などの戦前作品、また、著者固有のユーモアの深淵を示す「汽車の中」「卒業式」「ふぐりと原子ピストル」など、〈作家・小島信夫〉誕生の秘密に迫る十三篇を収録。


著者十六歳、岐阜中学校校友会誌に掲載された小品から、
昭和二十年代までの初期作品を修正。第一高等学校時代の
透明感溢れる心象風景を綴った伝説的佳品「裸木」や、
同人誌「崖」に発表された「往還」「公園」などの戦前作品、
また、著者固有のユーモアの深淵を示す「汽車の中」「卒業式」
「ふぐりと原子ピストル」など、〈作家・小島信夫〉誕生の
秘密に迫る十三篇を収録。小島文学入門のための貴重な一書。

目次

  • 春の日曜の一日
  • 彼の思い出を盗んで
  • 裸木
  • 鉄道事務所
  • 死ぬと云うことは偉大なことなので
  • 往還
  • 公園
  • よみがえる
  • 汽車の中
  • 佐野先生感傷日記
  • 卒業式
  • ふぐりと原子ピストル

製品情報

製品名 公園/卒業式 小島信夫初期作品集
著者名 著:小島 信夫
発売日 2014年06月11日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-290232-8
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は冬樹社刊「公園/卒業式」(1979年1月)を底本とした。

著者紹介

著:小島 信夫(コジマ ノブオ)

小島信夫(1915.2.28~2006.10.26) 小説家。岐阜県生まれ。東京帝大英文科卒。1942年、入営し中国大陸に渡り、46年に復員。高校教師を経て、54年より明治大学に勤務。55年、「アメリカン・スクール」で芥川賞受賞。第三の新人として出発するが、独自の文学世界を構築。主な著書に『抱擁家族』(谷崎潤一郎賞)、『私の作家評伝』(芸術選奨)、『私の作家遍歴』(日本文学大賞)、『別れる理由』(野間文芸賞)、『うるわしき日々』(読売文学賞)『残光』など。

オンライン書店で見る