有田川

講談社文芸文庫
アリタガワ
  • 電子あり
有田川
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

私は川上のどことも知れぬところで誰とも知れぬ親に産んでもらった――けれども人間はいずれ生れて川に流されるものではないのか。どんな人でも多かれ少なかれ水に流されながら生きて行くのではないのか――。有田川の氾濫のたびに出自を失いながら、流れ着いた先で新たな生を掴み取る紀州女、千代の数奇な生涯。『紀ノ川』『日高川』に並ぶ、有吉文学における紀州三部作。


私は川上のどことも知れぬところで誰とも知れぬ親に
産んでもらった――けれども人間はいずれ生れて
川に流されるものではないのか。どんな人でも多かれ少なかれ
水に流されながら生きて行くのではないのか――。
有田川の氾濫のたびに出自を失いながら、流れ着いた先で
新たな生を掴み取る紀州女、千代の数奇な生涯。
『紀ノ川』『日高川』に並ぶ、有吉文学における紀州三部作。

目次

  • 有田川
  •  著者に代わって読者へ

製品情報

製品名 有田川
著者名 著:有吉 佐和子
発売日 2014年05月10日
価格 定価 : 本体1,900円(税別)
ISBN 978-4-06-290229-8
判型 A6
ページ数 528ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 1970年新潮社刊「有田川」(有吉佐和子選集7)を底本とした。底本中明らかな誤りは訂正し、ふりがなを調整した。

著者紹介

著:有吉 佐和子(アリヨシ サワコ)

有吉 佐和子(ありよし・さわこ)1931.1 20~1984.8.30) 小説家、劇作家、演出家。和歌山県和歌山市出身。日本の歴史や古典芸能から現代の社会問題まで幅広いテーマを扱い、多くのベストセラー小説を発表した。『複合汚染』、『紀ノ川』、『華岡青洲の妻』(女流文学賞)、『恍惚の人』』、『出雲の阿国』(芸術選奨、日本文学大賞)、『和宮様御留』(毎日芸術賞)ほか、著書多数。娘は作家の有吉玉青。

オンライン書店で見る