考えるよろこび

講談社文芸文庫
カンガエルヨロコビ
考えるよろこび
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

江藤文学への最高の入門書

『漱石とその時代』執筆当時に行った、若き著者の知性とユーモア溢れる講演録。
表題作の他「転換期の指導者像」「英語と私」等全6編。

※本書は、講談社文庫『考えるよろこび』(1974年9月)を底本としました。

目次

  • 考えるよろこび
  • 転換期の指導者像――勝海舟について
  • 二つのナショナリズム――国家理性と民族感情
  • 女と文章
  • 英語と私
  • 大学と近代――慶応義塾塾生のために

製品情報

製品名 考えるよろこび
著者名 著:江藤 淳
発売日 2013年10月11日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-290209-0
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 講談社文庫「考えるよろこび」(1974年9月)を底本としたもの。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス