聖耳

講談社文芸文庫
セイジ
  • 電子あり
聖耳
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

眼の手術後、異様に研ぎ澄まされていく感覚の中で、世界が、時空が変貌を遂げていく。現代文学の極北を行く著者の真骨頂を示す連作集。「夜明けまで」「晴れた眼」「白い糸杉」「犬の道」「朝の客」「日や月や」「苺」「初時雨」「年末」「火の手」「知らぬ唄」「聖耳」


文学の可能性を拓く連作短篇集
骨の髄まで文学に浸る。

眼の手術後、異様に研ぎ澄まされていく感覚の中で、世界が、時空が変貌を遂げていく。現代文学の極北を行く著者の真骨頂を示す連作集。

※本書は、2000年9月刊『聖耳』(講談社刊)を底本としました。

目次

  • 夜明けまで
  • 晴れた眼
  • 白い糸杉
  • 犬の道
  • 朝の客
  • 日や月や
  • 初時雨
  • 年末
  • 火の手
  • 知らぬ唄
  • 聖耳

製品情報

製品名 聖耳
著者名 著:古井 由吉
発売日 2013年06月11日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-290198-7
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 2000年9月刊「聖耳」(講談社刊)を底本とした。本文中明らかな誤記、誤植と思われる箇所は正したが、原則として底本に従い、多少ルビを加えた。

オンライン書店で見る