夏目漱石論

講談社文芸文庫
ナツメソウセキロン
  • 電子あり
夏目漱石論
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

70年代後半、数多ある文芸評論とは一線を画し、読書界に衝撃を与えた斬新な漱石論。
三十数年を経た現在もなお挑発をやめない名著。

※本書は、1988年5月刊『夏目漱石論』(福武文庫)を底本とし、1978年10月刊『夏目漱石論』(青土社)を適宜参照しました。

目次

  • 序章 読むことと不意撃ち
  • 第一章 横たわる漱石
  • 第二章 鏡と反復
  • 第三章 報告者漱石
  • 第四章 近さの誘惑
  • 第五章 劈痕と遠さ
  • 第六章 明暗の翳り
  • 第七章 雨と遭遇の予兆
  • 第八章 濡れた風景
  • 第九章 縦の構図
  • 第十章 『三四郎』を読む
  • 終章 漱石的「作品」
  • 単行本あとがき
  • 著者から読者へ
  • 年譜

製品情報

製品名 夏目漱石論
著者名 著:蓮實 重彦
発売日 2012年09月11日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-290175-8
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 1988年5月刊「夏目漱石論」(福武文庫)を底本とし、1978年10月刊「夏目漱石論」(青土社)を適宜参照した。本文中明らかな誤記、誤植と思われる箇所は正しましたが、原則として底本に従い、多少ルビを加えた。

オンライン書店で見る