原点が存在する 谷川雁詩文集

講談社文芸文庫
ゲンテンガソンザイスルタニガワガンシブンシュウマツバラシンイチヘン
原点が存在する 谷川雁詩文集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

再評価の機運高まる「伝説の詩人」の詩文集。50年代、戦後最大のメタファー詩人と絶賛され、カリスマ的オルガナイザーとしても活動するが後半生は詩作をやめ謎の沈潜。詩と評論による谷川文学再発見の試み。

目次

  • 第一部 詩
  • 『伝達』より
  • 帰館
  • 首都の勘定書
  • おれは砲兵
  • 水車番の日記
  • 伝達
  • 坑底をあるくコンミューン
  • 世界をよこせ
  • 『大地の商人』より
  • 商人
  • 毛沢東
  • 故郷
  • 革命
  • 東京へゆくな
  • おれたちの青い地区
  • 『天山』より
  • 或る光栄
  • 本郷
  • ゲッセマネの夜
  • 天山
  • 雲よ
  • 自我処刑
  • 題のないことば
  • 国文社版『谷川雁詩集』あとがき
  • 第二部 評論
  • I「母音」から「サークル村」へ
  • 深淵もまた成長しなければならぬ
  • 原点が存在する
  • 東洋の村の入口で
  • 辺境の眼は疑う
  • 民衆の無党派的エネルギー
  • 幻影の革命政府について
  • 無を噛みくだく

製品情報

製品名 原点が存在する 谷川雁詩文集
著者名 著:谷川 雁 編:松原 新一
発売日 2009年11月12日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-290067-6
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書に収録した作品のうち、「深淵もまた成長しなければならぬ」「辺境の眼は疑う」「魂の水飲み場をもとめて」「大口真神を待ちながら」4篇は、『谷川雁の仕事1・2』(1996年6月、河出書房新社刊)を、「リレー通信」1篇は、『丸山豊と「母音」の詩人たち2』(1997年3月、野田宇太郎文学資料館ブックレット5)を、他の35篇は、『谷川雁セレクション1・2』(2009年5月、日本経済評論社刊)を底本として使用し、それぞれの末尾に初出を掲載した。