朱を奪うもの

講談社文芸文庫
アケヲウバウモノ
  • 電子あり
朱を奪うもの
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

女性としての自立、性・喪失・生を描く現代女性必読の名作。女性としての喪失感に荒寥とした思いをする主人公。幼児から祖母の物語の世界に生きた滋子の人生の歩みは、やがて青春期にかけて、家を出て自立したいという強い思いへと変っていく。結婚さえも、人生のスプリングボードとして考え、自分らしく生きようとする女性を描いた、円地文子の代表作。谷崎賞受賞作『朱を奪うもの』3部作の第1部。


円地文学のスプリングボード、自伝的長篇。
明治大正昭和を生きた知的女性の、生と喪失。不自由な時代に、一人の独立した人間として生きようともがく、愚かしくも暗い道、谷崎賞受賞作品の三部作の第一作

目次

  • 第一章 朱を奪うもの
  • 第二章 わが恋の色
  • 第三章 二つの劇場で
  • 第四章 女の道化
  • 第五章 続女の道化

製品情報

製品名 朱を奪うもの
著者名 著:円地 文子
発売日 2009年10月10日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-290064-5
判型 A6
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 1977年9月新潮社刊「円地文子全集」第12巻を底本とし、多少ふりがなを加えた。本文中明らかな誤植と思われる箇所は正したが、原則として底本に従った。

オンライン書店で見る