恋ごころ 里見トン短篇集

講談社文芸文庫
コイゴコロサトミトンタンペンシュウ
恋ごころ 里見トン短篇集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

14歳の夏休みに、養家の盛岡を訪れ、そこで知った親戚の少女に淡い恋心を抱いた思い出を語る表題作。家を出て、大阪での芸者との恋愛・結婚の経緯を清新に描いた「妻を買う経験」等、自伝とフィクションを綯い交ぜに、流暢な文体と精妙な会話で、人の心の機微を巧みに描いた名作5篇を収録。明治、大正、昭和の文芸界を悠々と生き抜いた「馬鹿正直」で「一徹」で「涙脆い」、白樺派最後の文士・里見とんの真骨頂。


人の生の営みの機微を描いた心温まる短篇集
“最後の文士”里見は、94歳の最期まで現役作家として活躍した。抒情的で穏やかな、哀愁を帯びた感動を与える私小説の世界。読売文学賞受賞の表題作他六篇。

目次

  • 恋ごころ
  • 妻を買う経験
  • 縁談窶
  • やぶれ太鼓
  • 大火

製品情報

製品名 恋ごころ 里見トン短篇集
著者名 著:里見 トン
発売日 2009年08月12日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-290057-7
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 筑摩書房刊「里美トン全集」第1巻、第2巻、(以上、1977年10月、12月)、第5巻、第8巻、第9巻(以上、1978年4月、10月、12月)を底本とし、新漢字新かな遣いの改めた。多少ふりがなを加え、明らかな誤植と思われる箇所は正したが、原則として底本に従った。