クール・ジャパン!? 外国人が見たニッポン

講談社現代新書
クールジャパンガイコクジンガミタニッポン
  • 電子あり
クール・ジャパン!? 外国人が見たニッポン
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

今年10年目を迎えるNHK BSの人気番組『cool japan』の司会者として、世界を旅する演劇人として、人気脚本・演出家が世界の人々と聞いて議論した。世界の人々が日本を体験して感じた「クール!」と「クール?」と「クレイジー!」これを知れば、日本がもっと楽しくなる。(講談社現代新書)


外国人の素直な目から、ニッポンの奥の深さと可能性を再発見!

花見は「クール!」だけど紅葉狩りは「クール?」
居酒屋は「クール!」だけどカラオケは「クール?」
コスプレは「クール!」だけどゆるキャラは「クール?」
だんだんやみつきになるウォシュレットと風呂。

自動販売機に日本の平和を感じ、宅配便とコンビニに驚愕する。
残業の多い日本のビジネスマンを見て、「日本人は時間に正確じゃない」と発見し、
初対面でいきなり年齢を訊く日本人に憤る。

「子どもと一緒の寝室で寝る問題」「幼い娘と風呂に入る問題」では、各国間で大議論!

今年10年目を迎えるNHK BSの人気番組『cool japan』の司会者として、
世界を旅する演劇人として、人気脚本・演出家が世界の人々と聞いて議論した。
世界の人々が日本を体験して感じた「クール!」と「クール?」と「クレイジー!」
これを知れば、日本がもっと楽しくなる。

【目次】

第一章 外国人の見つけた日本のクールベスト20

第二章 日本人とは?
日本人は泣くのが好き?/日本人はなぜ消臭したがるの? etc.

第三章 日本は世間でできている
定年後のお父さんを笑われてムッとする/恋人も世間で選ぶ etc.

第四章 日本の「おもてなし」はやはりクール!
サービスこそが最大のクール・ジャパン/お一人様サービス大国日本 etc.

第五章 日本食はすごい
日本の「駅弁」はクール!/世界に誇る「umami」 etc.

第六章 世界に誇れるメイド・イン・ジャパン
七年間で一〇億本売れた文房具/絵文字が世界を駆け巡る etc.

第七章 ポップカルチャーはクールか?
アイドル養成カフェは、海外で成功するか?  etc.

第八章 男と女、そして親と子
「男性が女性のためにドアを開けるか」問題 etc.

第九章 東洋と西洋
「食肉用の牛」論争/「分類」か「関係」か etc.

目次

  • プロローグ──「クール・ジャパン」とはなにか?
  • 第一章 外国人が見つけた日本のクール・ベスト20
  • 第二章 日本人とは?
  • 第三章 日本は世間でできている
  • 第四章 日本の「おもてなし」はやはりクール!
  • 第五章 日本食はすごい
  • 第六章 世界に誇れるメイド・イン・ジャパン
  • 第七章 ポップカルチャーはクールか?
  • 第八章 男と女、そして親と子
  • 第九章 東洋と西洋
  • エピローグ──これからの「クール・ジャパン」
  • 最後に

製品情報

製品名 クール・ジャパン!? 外国人が見たニッポン
著者名 著:鴻上 尚史
発売日 2015年04月16日
価格 定価 : 本体760円(税別)
ISBN 978-4-06-288309-2
通巻番号 2309
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:鴻上 尚史(コウカミ ショウジ)

作家・演出家。1958年愛媛県出身。81年に劇団「第三舞台」を結成し、演劇活動をスタート。87年「朝日のような夕日をつれて‘87」で紀伊國屋演劇賞団体賞、95年「スナフキンの手紙」で岸田國士戯曲賞を受賞。現在は、プロデュースユニットKOKAMI@networkと新たに若手の俳優を集めて旗揚げした「虚構の劇団」での作・演出が活動の中心。舞台公演のかたわら、エッセイや演劇関連の著書も多く、ラジオ・パーソナリティ、テレビの司会、映画監督など幅広く活動。
『あなたの魅力を演出するちょっとしたヒント』『表現力のレッスン』『人生に希望をくれる12の物語』(以上、講談社)、『「空気」と「世間」』(講談社現代新書)、『発声と身体のレッスン』(白水社)『僕たちの好きだった革命』(角川学芸出版)、『ヘルメットをかぶった君に会いたい』(集英社)、『俳優になりたいあなたへ』(ちくまプリマー新書)、『孤独と不安のレッスン』(大和書房)「ドン・キホーテ」シリーズ(扶桑社)他著書多数。

オンライン書店で見る