ふしぎな国道

講談社現代新書
フシギナコクドウ
  • 電子あり
ふしぎな国道
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

空気のように、非常に身近でありながら、ほとんどその存在を意識されることのない「国道」。実は、この国道には不可思議なことが数多く存在する。・国道246号は存在するのに、国道60号や国道99号がない ・外環やアクアラインは高速道路なのに国道指定されている ・車が通れない商店街や階段が国道指定されている ・同じ国道なのに複数のルートがある 「国道マニア」として知られる著者が、こうした様々な謎を解き明かす


空気のように、非常に身近でありながら、ほとんどその存在を意識されることのない「国道」。その国道を真っ正面から扱った記念碑的作品。

 実は、国道には不可思議なことが数多く存在する。
・国道246号は存在するのに、なぜ国道60号や国道99号はないのか?
・圏央道やアクアラインは高速道路なのになぜ国道指定されているのか?
・車が通れない商店街や階段がなぜ国道指定されるのか?
・道路すら走っていないフェリー航路が国道扱いされるのはなぜなのか?
など、いちいち挙げれば、数限りない。
 国道をこよなく「国道マニア」として知られる佐藤健太郎氏が、こうした国道にまつわる、様々な謎を読み解くとともに、国道をこよなく愛する「国道マニア」たちのマニアックな生態を解説する。悪路を好んで走る「酷道マニア」。旧道を好んで走る「旧道マニア」。国道のありがたさを実感するために非国道のみを頑なに走行する「非国道走向マニア」、道路元標に異常な執着を示す「道路元標マニア」など、彼らのこだわりは相当なまでにマニアックである。抱腹絶倒の一冊

目次

  • 第1章 国道の名所を行く
  • 第2章 酷道趣味
  • 第3章 国道の歴史
  • 第4章 国道完走
  • 第5章 レコードホルダーの国道たち
  • 第6章 国道標識に魅せられて
  • 第7章 都道府県道の謎
  • 第8章 旧道を歩く
  • 第9章 深遠なるマニアの世界

製品情報

製品名 ふしぎな国道
著者名 著:佐藤 健太郎
発売日 2014年10月17日
価格 定価 : 本体980円(税別)
ISBN 978-4-06-288282-8
通巻番号 2282
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社現代新書
初出 本書の一部は月刊『道路』(日本道路協会)に連載された記事を改稿したもの。

著者紹介

著:佐藤 健太郎(サトウ ケンタロウ)

佐藤/健太郎(さとう・けんたろう)
1970年、兵庫県生まれ。東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了。医薬品メーカーの研究職、東京大学大学院理学系研究科広報担当特任助教等を経て、現在はサイエンスライター。2010年、『医薬品クライシス』(新潮新書)で科学ジャーナリスト賞。2011年、化学コミュニケーション賞

オンライン書店で見る