社会保障亡国論

講談社現代新書
シャカイホショウボウコクロン
  • 電子あり
社会保障亡国論
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

消費税が増税されると本当に社会保障は充実するのか。現在わが国の社会保障給付費は、GDPの約4分の1にあたる110兆円を超える規模に達しており、年間3~4兆円というペースで急増している。消費税率の引き上げの効果は3~4年で消失する計算となる。年金・医療・介護・子育て支援など、「少子高齢化」日本を暮らす人々の不安は拡がる一方だ。社会保障財源の現状を具体的に改善する議論と給付の抑制・効率化策も提言する。


消費税が増税されると本当に社会保障は充実するのか。
現在わが国の社会保障給付費は、GDPの約4分の1にあたる110兆円を超える規模に達しており、年間3~4兆円というペースで急増している。消費税率の引き上げの効果は3兆~4年で消失する計算となる。
年金・医療・介護・子育て支援など、「少子高齢化」日本に暮らす人々の不安は拡がる一方だ。社会保障財源の現状を具体的に改善する議論と給付の抑制・効率化策も提言する。

目次

  • 第一章 財政から語る社会保障
  • 第二章 社会保障の暗黙の債務は一五〇〇兆円
  • 第三章 社会保障と税の一体改革、社会保障制度改革国民会議
  • 第四章 年金支給開始年齢は七〇歳以上に
  • 第五章 高齢化社会の安定財源は消費税ではなく相続税
  • 第六章 公費投入縮減から進める給付効率化
  • 第七章 消費増税不要の待機児童対策
  • 第八章 「貧困の罠」を防ぐ生活保護改革
  • 第九章 改革のインフラ整備と仕組み作り

製品情報

製品名 社会保障亡国論
著者名 著:鈴木 亘
発売日 2014年03月19日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-288253-8
通巻番号 2253
判型 新書
ページ数 296ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:鈴木 亘(スズキ ワタル)

メディアでの露出が急激に増えている気鋭の経済学者。
専門は社会保障学・医療経済学・福祉経済学。
具体的には年金、医療介護、生活保護、ホームレス、少子化対策、保育などの問題を経済学の視点から研究している。多くの日本人が抱える「社会保障制度」不安に対し、経済学を基軸に、現役世代特有の斬新な感覚で、新たな制度改革を提案する。
1970年生まれ。神奈川県出身。経済学博士。
1994年、上智大学経済学部経済学科卒業。
1994年、 日本銀行入行
2002年、大阪大学大学院国際公共政策研究科助教授
2004年 東京学芸大学教育学部助教授
2009年 学習院大学経済学部経済学科教授
現在、内閣府・規制改革会議専門委員(保育分野担当)等を兼任。

著書に『生活保護の経済分析』(東京大学出版会・日経・経済図書文化賞)、『だまされないための年金・医療・介護入門』(東洋経済新報社・日経BP・BizTech図書賞)『年金はほんとうにもらえるのか』(ちくま新書)『財政危機と社会保障』(講談社現代新書)などがある。

オンライン書店で見る