ウルトラマンが泣いている――円谷プロの失敗

講談社現代新書
ウルトラマンガナイテイルツブラヤプロノシッパイ
  • 電子あり
ウルトラマンが泣いている――円谷プロの失敗
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

1960年代から80年代にかけて、多くの子どもたちが夢中になったウルトラシリーズ。

ミニチュアや着ぐるみを駆使して、あたかも実写のように見せる独自の特撮技術を有し、
日本のみならず世界の映像業界をリードしてきたはずの円谷プロから、
なぜ、創業者一族は追放されたのか。

「特撮の神様」と呼ばれた円谷英二の孫にして、
「円谷プロ」6代社長でもある円谷英明氏が、
「栄光と迷走の50年」をすべて明かします。

----------------------------------------------------------------------

われわれ円谷一族の末裔は、祖父が作った円谷プロの経営を
全うすることができませんでした。

現存する円谷プロとは、役員はおろか、資本(株式)も含め、
いっさいの関わりを断たれています。

これから、約半世紀にわたる円谷プロの歩み、真実の歴史を明かそうと思います。

その中には、今もウルトラマンを愛してくださる皆さんにとって、
あまり知りたくないエピソードも含まれているかもしれません。

成功と失敗、栄光と迷走を繰り返した末に、会社が他人に渡ってしまった背景には、
一族の感情の行き違いや、経営の錯誤がありました。

私も含め、どうしようもない未熟さや不器用さがあったことは否めません。 (「はじめに」より)

目次

  • はじめに―怪獣が身もだえしたわけ
  • 第1章 円谷プロの「不幸」
  • 第2章 テレビから「消えた」理由
  • 第3章 厚かった「海外進出」の壁
  • 第4章 円谷プロ「最大の失敗」
  • 第5章 難敵は「玩具優先主義」
  • 第6章 円谷商法「破綻の恐怖」
  • 第7章 ウルトラマンが泣いている
  • おわりに―祖父・円谷英二が残した日記

製品情報

製品名 ウルトラマンが泣いている――円谷プロの失敗
著者名 著:円谷 英明
発売日 2013年06月18日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-288215-6
通巻番号 2215
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:円谷 英明(ツブラヤ ヒデアキ)

円谷英明 (つぶらや・ひであき)

1959年東京都生まれ。

中央大学理工学部卒業後、バンダイを経て、1983年、祖父・円谷英二が創業した「円谷プロ」に入社。

「円谷エンタープライズ」常務、「円谷コミュニケーションズ」社長、「円谷プロ」専務などを務めたのち、2004年「円谷プロ」6代社長に就任。

2005年に退任後、新たに「円谷ドリームファクトリー」を創設、中国で特撮番組の制作を手掛けたが、2010年に同社を退いた。

オンライン書店で見る