アメリカを動かす思想─プラグマティズム入門

講談社現代新書
アメリカヲウゴカスシソウプラグマテイズムニュウモン
  • 電子あり
アメリカを動かす思想─プラグマティズム入門
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

アメリカ人にとっては、ふだんは、ほとんど意識すらされない彼らの血肉となっている思想、それがプラグマティズムである。実際に「プラグマティズム=知識のあくなき実践」はアメリカ社会において、ありとあらゆる局面で見られる。その結果、失敗も多くあれど、イノベーションが繰り返され、社会に大きなダイナミズムが生まれているのもまた事実。アメリカを動かしているプラグマティズムを知る格好の入門書。(講談社現代新書)


アメリカ人にとっては、ふだんは、ほとんど意識すらされない彼らの血肉となっている思想、それがプラグマティズムである。実際に「プラグマティズム=知識のあくなき実践」はアメリカ社会において、ありとあらゆる局面で見られる。その結果、失敗も多くあれど、たゆまなくイノベーションが繰り返され、社会に大きなダイナミズムが生まれているのもまた事実である。本書では、プラグマティズムの起源と発展の歴史を辿るとともに、自由、民主主義、資本主義といったアメリカを代表する思想もまた、プラグマティズムがその土台となっていることを確認する。そしてさらにプラグマティズムの考え方を輸入することで、「動けなくなっている日本」に風穴をあけることを説く。アメリカを動かしているプラグマティズムを知る格好の入門書。

目次

  • はじめに なぜプラグマティズムなのか
  • 第1章 プラグマティズムの系譜
  •  1 アメリカ思想の系譜
  •  2 パースの格率
  •  3 ジェイムズの限定的真理
  •  4 デューイの道具主義
  •  5 ミードの社会的行動主義
  • 第2章 プラグマティズムの展開
  •  1 ネオ・プラグマティズムとローティ
  •  2 ブランダムとマクダウェル
  •  3 ヘーゲルをも取り込むプラグマティズム
  •  4 プラグマティズムの本質─知識のあくなき実践
  • 第3章 アメリカ思想の上部下部構造
  •  1 リベラリズム
  •  2 デモクラシー
  •  3 キャピタリズム
  •  4 宗教との関係
  •  5 上部下部構造
  • 第4章 現実政治としてのリベラルと保守
  •  1 リベラルvs.保守
  •  2 ティー・パーティー
  •  3 3D政治哲学
  •  4 移民政策
  •  5 外交政策
  • 第5章 イノベーション・プラグマティズムへ
  •  1 ウォール街から官邸前へ
  •  2 日本のプラグマティズム論
  •  3 イノベーション・プラグマティズム
  • 主要引用・参考文献一覧
  • おわりに 日本のイノベーションのために

製品情報

製品名 アメリカを動かす思想─プラグマティズム入門
著者名 著:小川 仁志
発売日 2012年10月18日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-288179-1
通巻番号 2179
判型 新書
ページ数 200ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:小川 仁志(オガワ ヒトシ)

小川仁志(おがわひとし)。
1970年、京都府生まれ。京都大学法学部卒、名古屋市立大学大学院博士後期課程修了。博士(人間文化)。哲学者・徳山工業高等専門学校准教授。米プリンストン大学客員研究員(2011年度)。商店街で「哲学カフェ」を主宰するなど、市民のための哲学を実践している。専門は欧米の政治哲学。著書に『はじめての政治哲学―「正しさ」をめぐる23の問い』(講談社現代新書)、『日本の問題を哲学で解決する12章』(星海社新書)等多数。

オンライン書店で見る