関係する女 所有する男

講談社現代新書
カンケイスルオンナショユウスルオトコ
  • 電子あり
関係する女 所有する男
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

男女の違いという大テーマに斎藤環が挑む!
男と女はどう違うのか?「性差」とは一体なんなのか?人気の精神科医が、社会にはびこるトンデモ仮説を排し、この大テーマをさまざまな角度から分析する。

目次

  • はじめに
  • 第一章 「ジェンダー・センシティブ」とは何か
  •  ジェンダーについて語るということ/「ジェンダー・フリー」をめぐって/バックラッシュのひとつの本質/ジェンダーは人間の本質なのか?/ジェンダー・センシティブ
  • 第二章 男女格差本はなぜトンデモ化するのか
  •  倫理観や価値観は脳には還元できない/性差の脳科学のでたらめぶり/差異を再確認したがる欲望/「脳の性差」は証明されていない/ホルモンの力とは?/女性はY染色体が欠けている「足りない性」?/ジェンダーは進化する?
  • 第三章 すべての結婚はなぜ不幸なのか
  •  非婚化はなぜ進行したか/結婚生活における根源的なすれ違い/ジョークに見るすれ違い
  • 第四章 食べ過ぎる女、ひきこもる男
  •  ジェンダー・センシティブな医療/“男性脳”で肉体は女性/精神疾患とホルモンの関係/「ひきこもり」の性差/摂食障害/「自傷行為」と「自己嫌悪」/「ヒステリー」は何を問うか
  • 第五章 「おたく」のジェンダー格差
  •  なぜ「おたく」なのか?/おたくとは誰のことか?/「やおい」文化の特異性/ビジュアル偏重の男性おたく/おたくにおける「立場」とは/「カップリング」の謎
  • 第六章 男と女の「愛のかたち」
  •  性愛になにを求めるか/ポルノグラフィー/男は顔、女は声/おとこソファー
  • 終 章 「ジェンダー」の精神分析
  •  はじめに「去勢」ありき/「倒錯」について/「女になる」ということ/女は存在しない?/ファルスの享楽、他者の享楽/女性だけが身体を持っている/母がつくる娘の身体/「女らしさ」の分裂/女性の空虚感/欲望の二大原理/「共感」と「システム化」/空間と時間/ジェンダーと感情/ジェンダーと言語/ヴァイニンガーの間違い/ラカンによるフェミニズム/もう「ジェンダー」はいらない?
  • おわりに
  • 主要参考文献

製品情報

製品名 関係する女 所有する男
著者名 著:斎藤 環
発売日 2009年09月17日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-288008-4
通巻番号 2008
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る