世界は分けてもわからない

講談社現代新書
セカイハワケテモワカラナイ
世界は分けてもわからない
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

60万部のベストセラー『生物と無生物のあいだ』続編が登場! 生命は、ミクロな「部品」の集合体なのか? 私たちが無意識に陥る思考の罠に切り込み、新たな科学の見方を示す。 美しい文章で、いま読書界がもっとも注目する福岡ハカセ、待望の新刊。

目次

  • プロローグ パドヴァ、2002年6月
  • 第1章 ランゲルハンス島、1869年2月
  • 第2章 ヴェネツィア、2002年6月
  • 第3章 相模原、2008年6月
  • 第4章 ES細胞とガン細胞
  • 第5章 トランス・プランテーション
  • 第6章 細胞のなかの墓場
  • 第7章 脳のなかの古い水路
  • 第8章 ニューヨーク州イサカ、1980年1月
  • 第9章 細胞の指紋を求めて
  • 第10章 スペクターの神業
  • 第11章 天空の城に建築学のルールはいらない
  • 第12章 治すすべのない病
  • エピローグ かすみゆく星座

製品情報

製品名 世界は分けてもわからない
著者名 著:福岡 伸一
発売日 2009年07月17日
価格 定価 : 本体780円(税別)
ISBN 978-4-06-288000-8
通巻番号 2000
判型 新書
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社現代新書
初出 『本』2008年6月号~2009年7月号

著者紹介

著:福岡 伸一(フクオカ シンイチ)

1959年東京生まれ。京都大学卒。ハーバード大学医学部研究員、京都大学助教授 などを経て、現在、青山学院大学教授。専攻は分子生物学。著書に『もう牛を食べても安心か』(文春新書、科学ジャーナリスト賞)、『プリオン説はほんとうか?』 (講談社ブルーバックス、講談社出版文化賞科学出版賞)、『生物と無生物のあい だ』(講談社現代新書、サントリー学芸賞・新書大賞)、『ロハスの思考』(木楽舎 ソトコト新書)、『できそこないの男たち』(光文社新書)、『動的平衡』(木楽舎)などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス