嘘と執事の咎 ぼくと執事と婿候補

講談社X文庫ホワイトハート
ウソトシツジノトガボクトシツジトムココウホ
  • 電子あり
嘘と執事の咎 ぼくと執事と婿候補
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

婿の資格がないとして、夏目家を追い出されてしまった貴明への想いを断ち切れず、苦しみ続ける潤。そんな潤の姿を見て「坊っちゃま一筋」の若き執事・千早の心も揺れていた。しかも、次の婿候補として乗り込んできたのは、とんでもない“オレさま”男――。そんな時、神刀・阿修羅と覇王の座を狙う邪悪な存在が策動をはじめる。坊っちゃまを守るため、千早が下した決断とは? シリーズ第三作(講談社X文庫ホワイトハート)。


"このまま口づけたら、もう止まらない……

鬼畜執事のはずなのに、想いは揺れて……
「安全パイの男なんか、ごめんだぜ」

婿の資格がないとして、夏目家を追い出されてしまった貴明への想いを断ち切れず、苦しみ続ける潤。そんな潤の姿を見て「坊っちゃま一筋」の若き執事・千早の心も揺れていた。しかも、次の婿候補として乗り込んできたのは、とんでもない“オレさま”男――。
だが、そんな時、神刀・阿修羅と覇王の座を狙う邪悪な存在が策動をはじめる。夏目家の、そして愛する坊っちゃまを守るため、千早が下した決断とは!?"

目次

  • 序 章
  • 第一章 新たな候補者
  • 第二章 執事の選択
  • 第三章 嵐の夜
  • 第四章 裏切り
  • 第五章 別離
  • 第六章 阿修羅の継承者
  • あとがき

製品情報

製品名 嘘と執事の咎 ぼくと執事と婿候補
著者名 著:岡野 麻里安 絵:穂波 ゆきね
発売日 2011年11月03日
価格 定価 : 本体690円(税別)
ISBN 978-4-06-286703-0
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社X文庫

オンライン書店で見る