踊れ、光と影の輪舞曲 幻獣降臨譚

講談社X文庫ホワイトハート
オドレヒカリトカゲノリンブキョクゲンジュウコウリンタン
  • 電子あり
踊れ、光と影の輪舞曲 幻獣降臨譚
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

遠く離れても、君を想ってる。故国へ戻るため、雪と氷の都、ミルヒランド公国に足を踏み入れたアリアを待ち受けていたのは、砂漠で出会った敵の一味と、敵か味方なのかもわからない新顔と、故郷の懐かしい人物だった。一方、王家に翻弄されるライル、自らの足で歩み始めたシェナン、そしてアリアを狙う黒い影に巻き込まれていくディクス。それぞれに足掻き続けるなか、ついに開戦の報が届く。動きだす運命の行方は!?


故国を目指すアリアの旅路には黒い影がつきまとう!

故国へ戻るため、アリアは雪と氷の都、ミルヒランド公国に足を踏み入れる。そこでアリアを待ち受けていたのは、砂漠で出会った敵の一味と、敵か味方なのかもわからない新顔と、故郷の懐(なつ)かしい人物だった。
一方、王家に翻弄(ほんろう)されるライル、自らの足で歩み始めたシェナン、そしてアリアを狙う黒い影に巻き込まれていくディクス。──それぞれが足掻(あが)き続けるなか、ついに開戦の報が届く。動き出す運命の行方は!?

目次

  • 登場人物紹介
  • 家系図・あらすじ
  • 地図
  • 第一章 短夜の夢
  • 第二章 藪の中
  • 第三章 それでも歩き続けねばならない
  • 第四章 敵か味方か
  • 第五章 愛の闇 恋の光
  • あとがき

製品情報

製品名 踊れ、光と影の輪舞曲 幻獣降臨譚
著者名 著:本宮 ことは 絵:池上 紗京
発売日 2008年06月05日
価格 定価 : 本体580円(税別)
ISBN 978-4-06-286528-9
判型 A6
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社X文庫

オンライン書店で見る