金田一くんの冒険 1 からす島の怪事件

青い鳥文庫
キンダイチクンノボウケン1カラスジマノカイジケン
  • 電子あり
金田一くんの冒険 1 からす島の怪事件
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

金田一一(はじめ)は、不動小学校の6年生。ふだんはおバカなことばかりしているけど、名探偵といわれたじいさんゆずりの推理力をもっている。
夏休み、はじめたち『冒険クラブ』の一行は、金銀財宝がねむるという、からす島に行くことに。
島に到着したはじめたちは、大学教授からこの島に伝わる島姥伝説を聞く。言い伝えによれば、島姥はからす島をあらしにきた人間をつかまえて殺し、たべてしまう妖怪だという。
そして調査を開始したはじめたちのまえに、おそろしい姿をした島姥があらわれて--。

<小学中級 すべての漢字にふりがなつき>

目次

  • ◆うば捨て山伝説
  • その1 冒険クラブと五人の仲間
  • その2 からす島の伝説
  • その3 島姥あらわる
  • その4 消えた白骨
  • その5 島姥の正体
  • その6 からす島の『宝物』
  • ◆うば捨て山伝説、そのつづき

製品情報

製品名 金田一くんの冒険 1 からす島の怪事件
著者名 作:天樹 征丸 絵:さとう ふみや
発売日 2018年01月12日
価格 定価 : 本体620円(税別)
ISBN 978-4-06-285679-9
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社青い鳥文庫

著者紹介

作:天樹 征丸(アマギ セイマル)

著者/天樹征丸(あまぎせいまる)
1962年、東京生まれ。漫画原作者、小説家、脚本家として多くのヒット作を手がける。天樹征丸名義の作品として、「金田一少年の事件簿」、「探偵学園Q」などのシリーズがある。

絵:さとう ふみや(サトウ フミヤ)

画家/さとうふみや
漫画家。1991年に「カーリ!」で週刊少年マガジン新人漫画賞に入選し、デビュー。1995年、「金田一少年の事件簿」で講談社漫画賞を受賞した。ほかの作品に、「探偵学園Q」などがある。

おすすめの本

オンライン書店で見る