サウンド・オブ・ミュージック トラップ一家の物語

青い鳥文庫
サウンドオブミュージックトラップイッカノモノガタリ
  • 電子あり
サウンド・オブ・ミュージック トラップ一家の物語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

母親を亡くした5歳から14歳までの7人の子どもたちの母親となったマリアは、家族で、トラップ・ファミリー聖歌隊を作りました。ザルツブルグ音楽祭で優勝し、有名になった一家は、ヒトラーの誕生日に歌うことを強要され……。映画「サウンド・オブ・ミュージック」は、本当にあったお話がもとになっています。これは、ナチから逃れ、愛するオーストリアからの亡命を決めたトラップ一家の物語です


第一次世界大戦後のオーストリア、ザルツブルグ。

ノンベルク修道院の修練女だった20歳のマリアは、家庭教師として、トラップ家に雇われることに。
明るく、音楽が大好きなマリアは、母親を亡くした、5歳から14歳までの7人の子どもたちと、たちまち仲良くなりました。
修道院に戻る時期が近づいたある日、マリアは、トラップ大佐に結婚を申し込まれ、7人の子どもたちの本当の母親になりました。

1933年、幸せな一家を世界恐慌が襲います。一家の全財産を預かる銀行が破綻してしまうのです。
貧しい生活のなかでも音楽を楽しむマリアと子どもたちは、トラップ・ファミリー聖歌隊を作り、一回限り、と出演したザルツブルグ音楽祭で優勝。ヨーロッパを演奏旅行するほどに有名な存在になります。

1938年3月、ナチの軍隊がオーストリアを併合、町じゅうに、ハーケンクロイツの旗が掲げられました。
オーストリアを愛するトラップ大佐は、ナチの旗を掲げることを敢然と拒否、ナチから申し出のあった、ドイツ軍の潜水艦の艦長職も断ってしまったのです。
さらに、名声高まったトラップ一家は、ヒトラーの誕生日に歌うことまで強要され……。

有名な映画「サウンド・オブ・ミュージック」は、本当にあったお話がもとになっています。
これは、愛する祖国オーストリアからの亡命を決めた、トラップ一家の愛と勇気の物語です。

目次

  • も く じ
  • 『サウンド・オブ・ミュージック』トラップ一家のアルバム(口絵)
  • 1 マリア登場
  • 2 トラップ家の子どもたち
  • 3 ふたりのアガーテ
  • 4 ふたりのマリア
  • 5 はみだし家庭教師
  • 6 マリア先生、歌ってください。  
  • 7 クリスマスの奇跡
  • 8 イヴォンヌ姫
  • 9 男爵のプロポーズ
  • 10 ママではなく、お母さんと呼んで
  • 11 赤ちゃん
  • 12 手術
  • 13 銀行のお金が消えた!
  • 14 うたわずにはいられない
  • 15 ザルツブルク音楽祭
  • 16 トラップ・ファミリー聖歌隊 
  • 17 ヒトラーの黒い影
  • 18 旅立ち
  • 終章 新天地アメリカのトラップ一家
  • あとがき

製品情報

製品名 サウンド・オブ・ミュージック トラップ一家の物語
著者名 作:谷口 由美子 絵:烏羽 雨
発売日 2015年07月10日
価格 定価 : 本体620円(税別)
ISBN 978-4-06-285487-0
判型 新書
ページ数 226ページ
シリーズ 講談社青い鳥文庫

著者紹介

作:谷口 由美子(タニグチ ユミコ)

翻訳家。山梨県生まれ。上智大学外国語学部英語学科卒業。アメリカに留学後、児童文学の翻訳を手がける。著書に『大草原のローラに会いに……小さな家をめぐる旅』(求龍堂)など。訳書に、「若草物語」シリーズ、『秘密の花園(全3巻)』(ともに講談社青い鳥文庫)、『長い冬』などローラ物語5冊(岩波書店)、『サウンド・オブ・ミュージックの世界……トラップ一家の歩んだ道』(求龍堂)など多数。

絵:烏羽 雨(カラスバ アメ)

イラストレーター。雑誌や書籍の装画、挿絵などで活躍中。挿絵の仕事に「パティシエ☆すばる」シリーズ、『オズの魔法使い ドロシーとトトの大冒険』(ともに、講談社青い鳥文庫)などがある。

オンライン書店で見る