ルナ おつきさんの おそうじや

絵本
ルナオツキサンノオソウジヤ
ルナ おつきさんの おそうじや
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

はしごをどんどんのぼって月についた、ぼくらは月のおそうじ人。

アカデミー賞短編アニメーション賞ノミネートの秀作 待望の絵本化!

(C)2013 Disney Enterprises, Inc./Pixar.

製品情報

製品名 ルナ おつきさんの おそうじや
著者名 作:エンリコ・カサローザ 訳:堤 江実
発売日 2013年09月25日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-283075-1
判型 B20取
ページ数 36ページ
シリーズ 講談社の翻訳絵本

著者紹介

作:エンリコ・カサローザ(エンリコ・カサローザ)

エンリコ・カサローザ
イタリア・ジェノヴァ出身。宮崎駿監督の『となりのトトロ』に感銘を受ける。その後、アメリカにわたってアニメーションの世界へ。ブルースカイ・スタジオを経て、2002年にピクサー・アニメーション・スタジオに移籍。以来、ストーリーボード・アーティストとして、アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞した『レミーのおいしいレストラン』『カールじいさんの空飛ぶ家』や『カーズ2』などの作品にかかわる。2012年公開のピクサーのショートフィルム『LA LUNA』で、初監督。アカデミー賞短編アニメーション賞にノミネートされる。『ルナ おつきさんの おそうじや』は、このショートフィルムの絵本版。カリフォルニアのバークレー在住。一人娘は、『紅の豚』のヒロインから名づけて、フィオ。

訳:堤 江実(ツツミ エミ)

堤 江実(つつみ えみ) 
  立教大学文学部英米文学科卒。文化放送のアナウンサー。現在、詩、翻訳、エッセイ、絵本など幅広いジャンルでの著作、およびミュージシャンと競演する自作の詩の朗読コンサート、詩の朗読のワークショップなどで活躍中。著書に『朗読力』(PHP)、『日本語の美しい音の使い方』(三五館)、詩集に『世界中の息子たちへ』(ポプラ社)絵本に『うまれるってうれしいな』『水のミーシャ』(読書推進運動協議会賞)『風のリーラ』(ユネスコ・アジア文化センター賞)『森のフォーレ』(ユネスコ・アジア文化センター賞)(以上清流出版)他多数。CDに『堤江実のポエムガーデン』(PHP)などがある。2011年、詩と絵本の活動に対して、東久邇宮文化褒賞受賞。