ときめきのへや

絵本
トキメキノヘヤ
ときめきのへや
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ねずみのピウス・ペローシは、ものを集めて歩きます。森へ行けば、ねじれた根っこ、おもしろいかたちの小枝や葉っぱ。海に行けば、貝がら、木ぎれ、キラキラひかるガラスのかけら。町では、かぎ、古い写真、だれにも届かなかった手紙……。
ピウスは、これらをだいじに持って帰り……、棚のなかに、だいじにしまっていました。ピウスはこのへやを、「ときめきのへや」とよんでいました。

製品情報

製品名 ときめきのへや
著者名 作:セルジオ・ルッツィア 訳:福本 友美子
発売日 2013年09月06日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-283072-0
判型 AB
ページ数 32ページ
シリーズ 講談社の翻訳絵本

著者紹介

作:セルジオ・ルッツィア(セルジオ・ルッツィア)

1966年、イタリアのミラノ生まれ。1995年にアメリカに移住し、ニューヨークを拠点にイラストレーター、絵本作家として活躍している。『ときめきのへや』と"Why Mole Shouted"にて、アメリカのParents' Choice Awardを受賞。2011年、センダック・フェローシップに選ばれ、モーリス・センダックの指導を受ける。日本での翻訳作品は『アマンディーナ』(訳・福本友美子 光村教育図書)アメリカ・ニューヨーク在住。

訳:福本 友美子(フクモト ユミコ)

公共図書館勤務の後、児童書の研究、翻訳などで活躍。「おさるのジョージ」シリーズ(岩波書店)、『としょかんライオン』『ひみつだから!』『おすわりくまちゃん』(岩崎書店)、『ないしょのおともだち』(ほるぷ出版)、『おやすみ、はたらくくるまたち』(ひさかたチャイルド)など多数の訳書のほか、編著者に『キラキラ応援ブックトーク 子どもに本をすすめる33のシナリオ』(共著、岩崎書店)、『キラキラ子どもブックガイド』(玉川大学出版部)などがある。東京在住。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス