堤中納言物語・うつほ物語

ツツミチュウナゴンモノガタリウツホモノガタリニジュウイッセイキバンショウネンショウジョコテンブンガクカン
  • 電子あり
堤中納言物語・うつほ物語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『堤中納言物語』は、毛虫を愛する型破りなお姫さまや、片思いに身を焦がす憂愁な貴公子などの登場人物たちが登場する物語で、世界最古の短編小説集。『うつほ物語』は全20巻、日本最古の長編物語。天上の琴を守り伝える芸術一家4代の数奇な物語だ。

名作古典文学を21世紀の子ども達へ!
読みやすい総ルビ、カラーさし絵、本文中の豊富な用語解説で、日本の古典文学にはじめて出会う子供の理解を助ける、児童むけ古典文学全集の決定版。

製品情報

製品名 堤中納言物語・うつほ物語
著者名 著:干刈 あがた 著:津島 佑子
発売日 2009年12月18日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-282757-7
判型 四六
ページ数 322ページ
シリーズ 21世紀版・少年少女古典文学館
初出 少年少女古典文学館 第7巻「堤中納言物語・うつほ物語」(1992年刊)をもとに、再編集した。「堤中納言物語」の底本は、新潮社版・新潮日本古典集成「堤中納言物語」を基本とし、適宜諸本を参照した。「うつほ物語」の底本は、角川文庫版「宇津保物語」(上)(中)(下)を基本とし、前田家本その他を参照した。

オンライン書店で見る